2020-12-29

国際情勢の大変動を見抜く!-77~今年はコロナ報道による洗脳から脱却しよう!!~

初日の出コロナウイルス

新年あけましておめでとうございます。今年も当『金貸しブログ』をよろしくお願いいたします。

 

昨年は新型コロナウイルスに翻弄された1年でしたが、恐怖を印象付け煽ってきたのが、マスコミ・役人・政治家・国家とその先に世界を思うがままに動かしてきた欧州の王侯貴族:奥の院の存在があることを紹介してきました。

 

本日は改めて、コロナ報道による洗脳の実態について押さえておきたいと思います。

 

PCR検査自体、発明者が「感染症の検査は出来ない」(リンク) と言っており、実際1/300の塩基配列が同じであれば陽性と見なすとしており、残り299/300が別のウイルスだとし、陽性となってしまうというおかしな検査を基にしている。

かつ、Ct値という増幅サイクルによってその検出に大きな差が出る検査で、欧米では30~35、日本では40~45の基準らしいが、これが60になるとほぼ100%陽性になってしまう、つまり「増幅回数が大きいほど高い数値になる」という実にいい加減な検査だ。

 

連日マスコミがこの検査による感染者数を発表しているが、本来細胞に入って「感染」としなければならない数値を、粘膜にくっ付いただけの「陽性」を感染として発表していることもまた騙しだ。

 

また、死亡者数においてもこれまで3300を超えただけで、年間10万人以上の死亡者を出す通常の肺炎に比べても桁違いに低い。しかも厚労省HPにも「コロナ感染履歴があれば死因をコロナとせよ」の通達?が記載されているように、「疑わしきはコロナ」による水増しの死者数であることもマスコミではほとんど報道されない。

 

医療崩壊に関しても、年間10万人ほどの肺炎でも崩壊は起きていない。その1/30以下のコロナではあり得ないとの事実は隠蔽されている。

 

情報の根拠に関するだけでも全てが嘘・偽り・ハッタリのオンパレード。これにまんまと洗脳されないためにも、当ブログで事実を発信していきます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 経済ブログへ

神王TVの『コロナウイルス【東京のコロナ感染者数と、PCR検査の超ヤバい裏話】サムネを見てください』

からの紹介です。

 

■マスコミが毎日報道している「感染者数」水増し判明

東京の業者が全国から郵便でPCR検体を受け付けて検査を実施し、陽性と判明した分を全て東京都中央区の感染者として追加していた。(毎日新聞発表)

因みに、この業者が受付ける検体の6割が都外からのもの。

 

■陽性判定は感染証明ではない

厚生労働省の役人が国会答弁で、新型コロナウイルスのPCR検査について、「陽性判定は感染証明ではない」と明言した。

つまり、メディアで毎日報道している感染者数は全く正確ではないことを示している。

 

PCR検査では、ウィルスの塩基配列の1/300が同じであれば陽性とみなす。つまり、残りの299/300が別のウイルスだったとしても「コロナ陽性」⇒「感染」となってしまう。

 

そもそも、武漢肺炎の患者たった1名から取り出された肺の混合液から検出された遺伝子物質が「コロナウイルス」であるといわれているが、これが証明された証拠はいまだにない。

さらにCt値:増幅サイクルは日本では現在40~45でやっているが、これを60にした場合はほぼ100%陽性になるとのこと。

 

実際、11月ポルトガルの裁判所は、「PCR検査は信用できない、強制隔離は違法である」という判決を下している。ポルトガルではCt値は35で97%が偽陽性(無症状)だったとのこと。因みに日本でもCt値40~45でほとんどの人が偽陽性(無症状)だった。

 

ポルトガルの裁判の経緯は、1人がPCR検査で陽性となり、接触のあった他3名(PCR陰性)も隔離措置を命じられたため、それに不服だとして裁判を起こしたというもの。

「病名の診断は医師に認められるもので医師が責任を持つもの。政府や政府の出先機関がその決定をする権限はない。保険局は誰が病気で誰が感染源と公開する権利はない」という判決内容。

「PCR検査はコロナウイルス感染症のゴールドスタンダード検査ではない。症状や他の検査と組み合わせて判断しないといけない」

 

ポルトガルやEUや米国では、PCRの増幅サイクル(Ct)を35回以上に設定している。その場合、PCR陽性者で実際に感染している割合は3%以下である。

 

 

■■神王TVの『日本人のコロナ対策、超ヤバい間違いだらけ!?【東京大学と京都大学の研究】新型コロナウイルスと変異種と医療崩壊と東京の真実』

からの紹介です。

 

■京都大学ウィルス・再生医科学研究所:宮沢准教授の話。

大阪府の外出自粛要請について、「いまさらそれを行うのはナンセンス」「時短営業などの感染対策効果は見込めない」「GoToトラベル停止も意味なし」等と発言。

 

医療崩壊を防ぐことが主な目的だが、日本では毎年10万人以上肺炎で死亡している。重症化した人には人工呼吸器を使用しているが医療崩壊などは起きたことはない。

 

例えば神奈川県ではコロナ患者の入院基準を点数化したが、以前は65歳以上なら無償でも入院させていたなど過剰な対応が医療現場を圧迫していたと思われる。

つまり、コロナを指定感染症にしているから入院が必要となり、医療崩壊を起こさせている。

 

東京都の1日当たりの感染者数がなぜ最高を更新しているのか?との問いに対しては、クラスター対策も兼ねて濃厚接触者にPCR検査を積極的に行ったためと答えている。

また、持っているウィルス量も少なく、他の人にうつすとは考えにくい。感染者数は再び減少していくとの見解。

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2020/12/7654.html/trackback


Comment



Comment


*