2021-01-11

国際情勢の大変動を見抜く!-78~トランプ大統領のディープステート一掃作戦が始まった~

★ 11日20時頃(日本時間)にトランプ大統領は「反乱法」発動との情報。

今回のアメリカ大統領選挙に纏わる動きは、トランプ大統領の就任当初の公約のとおり、世界的なディープステートを一網打尽にして、平和的に新政府に移行させる壮大な計画だった。というから驚きです。大統領任期の1月19日には一定のケリをつけるというから凄い。

 

1月6日のアメリカ国会議事堂襲撃も、これは民主党の自作自演だったのですが、この動きを察知したトランプ陣営はこれを利用し、軍を動かす動因として利用し、かつ敵のPCなどから動かぬ証拠を奪取する戦略だったとは驚きです。

 

ディープステートの一掃については、トランプ大統領がテキサスの陸軍基地に移動した6日から始められたとのこと。

ヒラリーやペルシはすでに逮捕されたらしい。

 

他にトム・ハンクスなどのハリウッド俳優、イタリア首相や、なんとバチカンのローマ教皇まで逮捕されたとのこと。(11日情報)

逮捕の理由は様々な不正な金の流れがあるが、ローマ教皇やハリウッドスターは主に人身売買や幼児虐待らしい。証拠は充分そろっており、それを開示するだけでも数カ月はかかるとのこと。

 

逮捕者も大勢になるらしい。トランプは事前に監獄を増築したことに加え、最近監獄船2隻を近くに配置したとのことで、これで2.2万人を収容できるとのこと。

 

この用意周到な計画の裏には先読み力が優れた奥の院の存在があることは明らか。バチカン系はサヴォイ陣営だと思われるので、ヴェルフ・ヘッセン等が首謀者か?あるいはサヴォイもディープステートを見限ったか。

 

以下、張陽チャンネル(You Tube):『逮捕開始【第94回】』からの書下ろしです。

*****************************

アメリカは1月7日、全国緊急放送システムのテストをした。

全国緊急放送システムが、一旦起動したらすべてのラジオ局とテレビ局はそれを放送しなければならない。これはアメリカ軍部の警報システムで、緊急事態が発生したら大統領は10府に内に全国の国民に情報を発布することが確保できるシステム。つまり、このシステムが起動したら軍部の放送は、これらのラジオ局とテレビ局は流さなければならない。とのこと。もし流さないならば、軍事裁判に告訴されることになる。故にこのシステムを起動したらすべての携帯電話にも大統領の発布した情報の内容が送られることになる。

1月7日にこのテストをした後、左派マスコミは特にソーシャルメディアがトランプの言動を全面的に封鎖した。非常に恐れているようで、左派は現在非常に恐慌状態にある。だからペロシ(下院議長)はトランプの弾劾を急いでいると言われている。

 

左派マスコミもソーシャルメディアもトランプが国民とのコミュニケーションのルートを全部遮断した。マキンナーニー中将はペロシの個人用のPCを押収されたことに言及した。ペロシは非常に恐怖を感じ、アメリカ参謀長連席会議主席であるミリー氏にトランプの軍隊の支配権を奪うことについて相談した。ミリー氏は「ペロシのアドバイスは私を惑わした」と言った。ペロシのアドバイスは軍の幹部が大統領憲法に与えられた権力を禁止することができるというものだった。

 

トランプは1月20日までアメリカ三軍の最高統帥であり、いかなる理由でもトランプの権限を禁止することができない。ペロシは完全に気が狂っている。

 

1月6日に行われた抗議活動は、左派マスコミがこの抗議活動を「暴動」と定義した。しかし、国防省はこの言い方を「暴動ではない」と否定した。これにより軍の態度は明らかになった。ペンタゴン(国防省)は「トランプ大統領が軍事行動という命令を下す唯一の人であり、しかも核兵器を使う権限を持つ人です。トランプ大統領の国家安全を守る職責を否認するいかなる行為も違憲である」という声明を発表した。

 

マキンナーニー中将は「これからの10日間、アメリカで見たことがないことが発生する」と言った。これは戒厳令を敷くということをうかがわせている。

にほんブログ村 経済ブログへ

また、アメリカ合衆国国家情報長官(DNI)のラクトクリフ氏は1月8日に「アメリカの宇宙軍の情報部門がDNIの統括する18番目の情報機構となった」と発言。今までアメリカ情報長官は、17の情報機構を統括している。8日の日から18番目の情報機構が誕生したということを意味する。

 

この宇宙軍はトランプの近衛兵。

トランプ側にある国もたくさんあると言われている。ブラジル、インド、日本、メキシコ、ロシア、イスラエル、サウジアラビア、韓国、エジプト、ポーランドという国がトランプ側にあると言われている。

プーチンも「トランプは政界から離れることはない」とはっきりと発言している。

これから全世界範囲で逮捕が行われる。プーチンがこの大きな役割を果たすことになるかもしれない。

メキシコ大統領もずっとトランプと支持している。ツイッターがトランプ大統領のアカウントを削除したことを非難している。

日本とインドはフェイスブックとツイッターに対して行動を起こすらしい。具体的には未明。

 

まだ公開されていないが逮捕は開始された。これから30日以内に公開すると言われている。まず、アメリカ国内での逮捕が始まった。

1月7日にトランプは支持者の前でスピーチした。その中に「ヒラリーは非常に不満におもっているでしょうね。なぜならば4年前にこのようなことをすればヒラリーは当選するだろう。だからヒラリーは不満に思っているでしょうね。ヒラリーはどこですか?どこですか?…」と言いながら目で支持者の中でヒラリーを探していた。これは実に大きなシグナルを送っていたということ。つまり、ヒラリーはもはや捕まっていると思われる。

 

トランプの発言の言外には大きなメッセージが込められることがある。例えば「次の政府と隙間の無い引継ぎをする」といったのは、自身が引き続き政権を担うということ。これは1月20日の就任式にはでないと言っていることからも分かる。マスコミはこの発言をもってバイデンへの敗北宣言と報道した。

 

アメリカ東時間11日の夜7時に、トランプはニュースマックスで重要なスピーチをすると発表した。アメリカは戦時体制に入ることを発表するかもしれない。(まだ情報なし)

 

フリン将軍最後のツイッターで「暴風雨が来た 苦しみが来た 今日はソーシャルメディアが我々のアカウントを削除した。でもこの全ては 皆計画通りです。ソーシャルメディアとビックテックの日はもう多くない。逮捕行動はもすぐ始まります。心配はいらないです。念のために現金と食べ物を用意してください。」という内容を投稿した。

 

リンウッド(トランプ大統領の弁護士)も「10日から12日の食料と水等を用意してください」「アップルの携帯電話を持つ人は自分の携帯電話の自動的にソフトを更新する機能をチェックしてください。もし、この機能が「オン」になっていたら「オフ」にしてください。」と言った。

 

アメリカ軍部は、「全てのテレビにある緊急放送システムをアクティブさせるアメリカ大統領(POTUSという)が国民の携帯やテレビに七つの大統領からの情報を送ります。」と発信。

【(アップル携帯電話の)ソフト更新機能は緊急放送システムを自動的に閉じることができる。故に「オフ」にしないと大統領からの情報が届かないとのこと】

インターネットが切断される可能性もある。

 

パウエル氏も「全て始まったばかりです。トランプ大統領の言った通りで、我々の不思議な旅は始まったばかりです。我々の行動は以前よりもっと強くなります。戦いをやめる人こそ負ける。」と発言した。

 

アメリカの西海岸には3隻、東海岸には2隻の空母が配備された。これはおそらくアメリカ国内と国外の物理的な連絡を遮断するためで、アメリカ国内に戦闘機がスクランブルしたという緊急戒厳令を2,3日以内に発布すると言われている。

 

11日の最新情報でペロシが逃亡中し、アメリカ国境付近で捕まったという。

また、イタリアの最高裁の法律顧問が宣誓して証言した内容。2020年アメリカ大統領選挙にバチカンが関与した。

ポンペオ(米国務長官)が、イタリア警察に協力してもらって、イタリア大統領を秘密裏に逮捕した。とのこと。バチカンのローマ教皇も逮捕された。11日未明現在バチカンは停電中。ワシントンDCも停電した。

 

トランプ大統領は二隻の巨大な監獄船をグアンタナモに入れた。元々拡張建設されたグアンタナモ監獄の収容人員は1万人。それにさらに1万2千人の囚人を収容することができる船を入れたとのことで2万2千人の囚人を投獄が予想される。

 

逮捕が予想される人物はオバマ元大統領等ファーストレディ、警察署長、市長、億万長者、ハリウッドスター、マスコミ従事者と外国指導者なども含んでいるらしい。

 

カリフォルニアでは人々の活動範囲が120マイルに制限された。まだ州知事などの身柄拘束の情報は入っていないが、アメリカ各州への軍備配置は終わっている。これから大規模の逮捕行為が行われる。公開されるかどうかはわからないが、ジョー・バイデンは今の段階では逮捕されていないが、第2段階で逮捕されるとのこと。それがいつかは不明。

 

但し、20日までには行われるとの見込みらしい。

トランプが証拠を発布したら世界全ての人は、恐怖に満ちた動画、銀行の通帳のコピー、そして電子メールが表してきた邪悪さに驚くでしょう。

全ての政党、全ての政府、全ての部門皆含まれている。これらの犯罪はワシントンD.Cに留まらず、州政府、郡政府まで及んでいる。これを漏れなく全て公表するのは数カ月の時間がかかる。封印された資料だけで20万はあるという。

 

トランプ大統領は20日、或いは21日に大統領を継続するかは不明ですが、トランプ大統領のディープステート一掃作戦は大統領1期目(つまり19日まで)に完了させるつもりとのこと。

 

今回の計画は、トランプ大統領の就任当初の公約のとおり、世界的なディープステートを一網打尽にして、平和的に新政府に移行させる壮大なものだった。とのこと。

 

新政府はまたトランプ政権。閣僚の顔ぶれは新しく、過去二か月のドラマチックなパフォーマンスを経て、トランプは誰を使えるか、誰が使えないかを見極め掌握してきた。

3月4日までの約90日間は粛清する段階に入る。3月4日というのは、嘗て建国の父たちがアメリカ大統領が就任する日として定めた日。

 

今後の10日間の動きに注目です!!

参考:リンウッド弁護士のパーラー投稿

【米大統領選挙】リンウッド弁護士がデクラス(機密解除)を公言!NESARA/GESARA 隠された特許技術と未来への希望!NSA & アースアライアンス情報【BBニュース】 – YouTube

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2021/01/7699.html/trackback


Comment



Comment


*