2020-06-02

国際情勢の大変動を見抜く!61~ビルゲイツの「コロナウイルスによる人口削減計画」をロシア公共放送が衝撃の事実を公開!!~

 

ビルゲイツ ロシア

今回はロシア公共放送が、ビルゲイツの「コロナウイルスによる人口削減計画」について言及しているというすごい情報をご紹介します。

ビルゲイツは20年前からウイルスやワクチンの研究や実地試験を繰り返してきたこと。

そのため、発展途上国の人々の多くが犠牲になってきたこと。これらは、J.Fケネディの直系のロバート・ケネディJrがインスタグラムで公開している記事をベースにしているとのこと。

 

極めつけは、コロナウイルス感染が拡大する2ヵ月前に、コロナウイルのパンデミックシミュレーションを行っていること。18ヵ月で6500万人の死者。経済崩壊等これから起こり得ることなどがシミュレートされている。非常に驚きです。

 

以下、『道(真理)の実践』というサイトが「ビルゲイツ ロシア公共放送が衝撃の事実を公開!! コロナと人口削減【ビル・ゲイツ】字幕版」をYouTubeで紹介してくれています。

その字幕全文のご紹介です。

是非実際にご覧ください。

 

4月24日18時45分からロシア公共放送「人と法律」の番組でビルゲイツのコロナウイルスの取組に関して報道されました。

 

かつてこれはネット上の陰謀論と見なされていました。ところが、現在では、公共放送で扱われるまでになりました。

 

*****************************

ベロニカ・スクボルツバ記者が内容を担当しました。

 

始めてこの情報が表に出てきたのは、西側の情報でした。特にロバート・ケネディJrがインスタグラムで投稿しました。

また、アメリカやヨーロッパのマスメディアも伝えました。ビルゲイツは積極的にWHOを援助しています。

 

特に、2000年以降ゲイツファンデーションが24億ドルを提供しています。

興味深いのは、WHOへの最大の資金提供者は最近までアメリカでした。

既に知られているように、現在アメリカのトランプ大統領はWHOへの資金提供を停止すると宣言しました。

コロナウイルスのパンデミックの被害の拡張を批判してです。

 

ビルゲイツはアメリカに次いで、全体で2番目の額をWHOに資金提供しています。

第3位の資金提供の主体もビルゲイツの所有で、より正確には、彼が設立したGAVIという民間と公的機関が参加している組織です。

 

ロシア公共放送の記者たちは、ビルゲイツがこれまで実施したワクチンに関する驚くべき事実を明らかにしました。

にほんブログ村 経済ブログへ

例えば、ゲイツの出資で、インドの人達に対するポリオ・ワクチンが実施され、WHOはこの結果が良好であったと発表した。同時に、インドの独立系の医師たちが、ポリオ・ワクチンの副作用で、体が麻痺してしまった子供たちが50万人に及んだと発表しました。

その際、ビルゲイツはインドの国立諮問機関に対して、圧力を掛け、新しいワクチンの方法を受け入れさせ、それは。50種類のポリオの混合ワクチンを5歳以下の子供たちに受け入れさせるというものでした。通常のポリオ・ワクチンは5種類であるにもかかわらずです。

インドの医師たちは破壊的活動をしたとして、ビルゲイツの会社を訴えました。

 

2017年、インド政府はビルゲイツのワクチンの仕様を中止し、国立の諮問機関の会員からも追放しました。加えて、ゲイツの息のかかった会員も除名しました。

 

一方で、今後、アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンといった国々では、ワクチンが続きました。

WHOの報告では、興味深い内容となっていて、ポリオの子供たちのほとんどが、不自然な形で感染していたことが分かりました。

つまり、こども達は自然なウイルスではなく、ワクチンに入っていたウイルスで感染していたのです。

 

2019年の報告書のデータでは、113人が自然のポリオで感染し、195人はワクチンのウイルスが原因での感染でした。

さらに、ポリオがそもそも問題となっていなかった国々では、ワクチンが原因でポリオに感染した患者の割合は100%でした。

 

有名な政治家で弁護士であり、環境保護の運動家であるロバート・ケネディ―Jrはワクチン全般に反対しており、ゲイツ・ファンデーションが2010年にマラリアの実験的なワクチンの研究に投資していると指摘し、結果的に、アフリカで150人の子供たちが死亡したと伝えています。

 

骨髄炎に対する別の案件では、500人ほどが身体麻痺になったといいます。

また、インドではパピローマウイルスの実験が行われ、田舎部の2万3千人の若い女性がワクチンを接種し、その結果、1200人が不妊症となり、7人が死亡しました。

 

2014年にはケニアのカソリック系医師の協会は、化学薬品による殺菌に関連して、WHOを訴えました。数百万人のケニア女性が破傷風のワクチンが原因です。

 

ロシア公共放送のこの番組では、デビッド・ロックフェラーが1968年に設立したローマクラブについて言及しました。

このローマクラブの経済管理以外の課題の一つは、人口増加の停止と、地球人口の減少だといいます。

このローマクラブ会員の見立てでは理想的な世界人口は10億人であるとされています。

さらにロシア公共放送のジャーナリストは10年前ビルゲイツがこのような言葉を述べたといいます。

 

「現在、世界人口は68億人に達しています。そして、90億人にまで増加が見込まれています。もし、新しいワクチンと医療、出産システムを作り上げれば人口増加は10%~15%抑えられると考えられます。」

 

番組の制作者たちはこれに加えて、ジョージアガイドストーンが1980年に米国ジョージア州に設立されたことも伝えました。

「このガイドストーンは6枚の花崗岩の板でできていて、それぞれ6mの高さで、4種類の古代語と8種類の現代語で書かれています。この石板には、自然とのバランスをとりながら、人口は決して5億人を超えてはならないとも書かれています。」

 

興味深いのは、この石板は現地の請負業者によって設置され、発注者は偽名を使っていたという。記載された文面は神秘的で、複数の解釈が可能です。そのため、数々の陰謀論で引用されています。

 

「現在、この世界破滅の最大の脅威はもはやこのようなものではなく、現在ではこのように見えています。

もし私が、直近の10年間で1000万人の人間を消滅することができるなら、それはおそらく、特に危険なウイルスで、戦争ではありません。ロケットではなく細菌です。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「人と法律」の番組はさらに、イギリスのビルブライト研究所にも言及しています。

2年前ビルブライト研究所はコロナウイルス研究で申請を行い2018年11月20日にその特許を取得しています。

そしてこの研究所のスポンサーの1社がビル・メリンダゲイツ財団なのです。現状でも、ビルゲイツは驚くほど活発に動いていて、今回の流行の初期にコロナウイルスのワクチンの開発を宣言し、すでに2億5000万ドルの投資を実施しています。

「通常、新しいワクチンの開発には5年の期間が必要です。我々は今、18カ月で完成できるように動いています。全てが順調であれば、それよりも早くワクチンを完成させることも可能です。完成したワクチンは最終的に700万人が摂取することになります。」

 

ワクチンにはデジタル証明が入ることになると、ビルゲイツは言います。

「この仕組みはコロナウイルスのワクチン接種をしたかどうかを明確にするために使われます。」

昨年12月、2つの大学の研究者はデジタルタトゥーを開発中であると述べています。

これは、ビルゲイツに、様々なワクチンを接種していない人間を特定する解決策を依頼されたためです。

 

「人と法律」の番組制作者はさらに興味深い情報を提供しています。

 

2019年11月武漢での初めての感染拡大が始まる2ヵ月前、ネット上にイベント201というドキュメンタリーが公開されました。

 

この内容は、この世の終わりのリハーサルが行われていて、大規模なコロナウイルス感染症の発生をシミュレーションするというものです。

このシミュレーションはジョンホプキンス大学医療保健センター世界経済フォーラム、ビル・ミリンダゲイツ財団等が主催しました。

この主催者たちによって製作されたドキュメンタリーでは、シミュレーションの結果を受けて関係者が次のように発言しています。

 

パンデミックは1000万人の犠牲者を生み出し、世界経済危機を引き起こし、証券市場は崩壊するとしています。

 

視聴者には死亡していく患者たちの映像、ウイルス研究者たちへのインタビュー、円卓会議での世界経済回復方法の議論の様子が写された。有名な研究者、医者、政治家、ファイナンスの専門家、社会活動家といった面々がニューヨークに集まり、可能性のあるパンデミックシナリオを作り上げた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この感染症は見た目が健康なブタから始まった。

コロナウイルスは静かに豚の体内で増殖し、畜産農家の間で病気が広まった。

感染した人々は呼吸器に病気を訴えるようになり、症状はインフルエンザから重度の肺炎までさまざまだ。

重度の患者たちには手厚い治療が必要になり、多数の人間が死亡した。

飛行機は飛ばなくなり、チケットが売れなくなり、人々は飛行機を利用しなくなった。

旅行業に依存している国々の経済は没落しました。

コロナウイルスによる影響は壊滅的で、初めの18ヵ月で6500万人が死亡した。

 

世界経済はフリーフォール状態になり、世界のGNPは11%下落、世界中の証券市場は20~40%下落し、誰もが恐怖に陥り、希望を失った。

ビジネスは借金をすることができないし、銀行も融資を止めた。誰もが、この大嵐をやり過ごすことを望んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「人と法律」の番組制作者はまとめでこう語ります。

 

ビルゲイツは、このパンデミックが広がることで利益を受ける人間の内の一人である可能性が極めて高いとしています。

 

ロバート・ケネディ―Jrの発言をインスタグラムから引用します。

「ゲイツのワクチンに対する執着はおそらく、自身が救世主であるかのように錯覚し、世界を救う宿命から、技術と神がかり的な準備によって、人々の命を使って実験を行っているといえる。

実際、ビルゲイツの最近の活動は一方向だけに向けられている。このことは、少なくともワクチンを使った大規模な計画の恐るべき結果を想像させるもので、ゲイツの行動はまさしくそうである。」と言っています。

 

このように、ビルゲイツが配下のWHOとともに、自分の計画をみなさんや私たちに実現してくるとしたら、我々は彼らの背後に何があるのかを理解しましょう。

 

ロシアの中で最も大きなマスコミが、この問題に対して真正面から報道していることに驚きを隠せません。

そのおかげで、大部分の国民が武装して臨むことができます。

 

決して、自分が知らないものをご自身に注射させることを許さないでください。

特に、文明的な西側で政治家や医者を買収した上で、満面の笑みで我々を助けたいと言ってくるものは警戒してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2020/06/7048.html/trackback


Comment



Comment


*