2020-12-03

【実現塾】コロナ勢力⇒世界はどうなる?3(世界の大転換と奥の院の計画)

実現塾の要約です。

【1】トランプか、バイデンか。
・郡ごとの集計ではトランプが圧勝。⇒集計プログラムの不正。
・投票者名簿に死人が多数、本人確認なしに期日前投票。⇒投票の不正。
・郵便投票は不正の温床。⇒トランプは透かし入り投票用紙で不正投票を暴く計画。

【2】奥の院は、お金が支配する世界を終わらせるために、コロナで経済を破壊して基礎保障制度を実現するつもりですが、それを実現するための手順は?
◎株式大暴落→中銀廃止・国家紙幣発行⇒基礎保障制度。

【3】奥の院は、世界の生産力を半減させて環境破壊を阻止しようとしています。同時に、アメリカや中国などの大国を分裂・解体しようとしていますが、それらを実現するための手順は?
◎工業都市の破壊と有力州の独立による帝国解体。
⇒まずはアメリカの有力州(まず民主党知事の州、続いて共和党知事の州)が独立を宣言。
→トランプは国境に軍を派遣するだけで発砲はせず、結局、独立を承認する。
→それを見て、中国の有力省(上海・広州などのロスチャ勢や、瀋陽軍区・蘭州軍区などの反中央勢)も相次いで独立を宣言。
→それに紛れて、イタリアのベネチアやスペインのバルセロナも独立。
◎手順は、ex.原発メルトダウン、シリコンバレー殲滅、世界のネット網を破壊、洪水と干ばつ。

【4】結局、奥の院は何を目指しているのか?
・お金の支配を終わらせて、人々の思考を解放する。
・市場の拡大を停止させて、環境破壊を阻止する。
・帝国を解体して、民族自決・自主自律の小国家に移行させる。
◎それらを貫いているのは、誰にも支配されたくないという自主自律の生命原理と、徹底した現実直視=事実の追求。

【5】結局、奥の院は敵か?味方か?
・基礎保障の実現も、環境破壊の阻止も、あたかも人類の救世主のように見える。
・しかし、過去も現在も同類を殺し続けてきた。
・徹底した現実直視・事実の追求という点でも、類グループに極めて近い。
しかし、類グループは脱私権⇒本源収束(生命原理や自然の摂理)に立脚しているのに対して、海賊出身の奥の院は、一貫して私権原理に立脚している。従って、今回彼らが、私権原理から生命原理に移行したと言えるのかどうかを注視してゆく必要がある。
・当面は、(いずれにせよ西洋人なので)何をしでかすか分からないので、警戒を怠ってはならない。

【6】BI(基礎保障制度)が実施されると、人々の仕事意識はどう変わる?
ex.引きこもりが増える/好きなことをする/趣味に生きる/政治活動や社会運動をやる人が出てくる/お金を稼ぐことが目的ではなく役に立つ仕事を求める人が増える/起業する人が増える/農業する人が増える

☆引きこもりが増え続けていくかどうか?
・人類は、共認充足がなければ生きていけない。つまり、周りに期待され、その期待に応えることが不可欠であり、それが無くなると廃人と化すので、何かをし始める。
☆労働人口が減るので、企業には、ますます増長して福祉や休日を求めるだけのぶら下がり人間が増えるのか、やる気のある人材だけが集まるのか?
・30~60代の主婦の離婚が増大するので、労働人口は減らない。
・各企業とも、追求力が勝敗を決するので、やる気のある人間しか採用しない。
・やる気のない者は、週3日ほどアルバイトをして生きてゆくことになるが、そこも、離婚主婦をはじめとして競争が激化するので、やはりやる気のない者は淘汰されてゆく。
☆お金を稼ぐことが目的ではなくなるが、それでは、新しい目的は何か?
・人々の役に立つこと/人々に期待され認められること
◎そのために必要な能力は、人間力と実現力。
・学校では、関係力も追求力も身につかない。まして、実行力・実現力は全く身につかない。
・最も重要な実行力・実現力は、子どもの遊びと大人の仕事の中でしか身につかない。
従って、遊学舎仕事塾へ。可能なら、さっさと学校など辞めて類学舎へ。

List    投稿者 tasog | 2020-12-03 | Posted in 01.世界恐慌、日本は?No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2020/12/7583.html/trackback


Comment



Comment


*