2009-01-08

非正規雇用社員のリストラは正規雇用社員にも及んでいく

アメリカ発の金融危機が世界中に波及し、今のこの状況は100年に1回の大不況といわれている。
そして、「実体経済」をあらわすという製造業にも大きな影響が出ている。
製造業で長らく日本経済を牽引してきたトヨタが1500億円の赤字決算の見込みとなっている。 
 
その落ち込みぶりは急激だ。数字で検証してみると 
 
2007年度はGMが販売台数において世界1位で936万9524台、トヨタが2位で936万6000台であった。
トヨタはそれまで毎年50万台増の目標を掲げてきており、2008年度の期初には、それまでの路線通り2007年度の販売台数に約50万台上乗せし985万台の販売目標を立てていた。 
 
それが、
2008年7月には958万台に下方修正を行い、11月には824万台に下方修正し、12月にはなんと754万台にまで更に下方修正を行っている。
連結営業利益でみると、2008年3月期決算は過去最高益の2兆2703億円の黒字を計上。
それが11月時点では6000億円に修正し、その1ヵ月後の12月には1500億円もの赤字見込みにまで後退してしまった。 
 
アメリカでの新車販売台数は調査会社オートデータがまとめた資料によると
08年の販売台数の見込みは1324万4018台と前年比18.0%の減となっている。これは1992年の1290万台以来16年ぶりの低水準。
各社の内訳は 
 
会社   08年度販売台数見込み     前年比    12月の前年比
トヨタ   221万7660台         ▲15.4%    ▲36.7%
本田   142万8765台         ▲ 7.9%    ▲34.7%
日産     95万1350台         ▲10.9%   
GM    293万3451台         ▲22.6%
フォードは前年比▲20.0% クライスラーは前年比▲30.0%となっている。 
 
軒並み悪いが、12月になってからの前年度比がさらに大きく数字を落としているように、落ち込みは今後も悪化する流れにあると思われる。 
 
リンク 
 
続きを読む前に協力を! 
 
 
 

にほんブログ村 経済ブログへ


雇用状況に焦点を当てると
2008年12月25日の日刊ゲンダイに70社の人員削減リストが公表された。自動車と電機産業の代表的な企業をみてみよう。 
 
◆トヨタ自動車/5800人/期間工/08年3月8800人が来年3月に3000人
◆日産自動車/2050人/派遣、期間工/来年3月に非正社員をゼロ
◆ホンダ/1210人/期間工/期間工4300人の3割削減
◆トヨタ自動車九州/1000人派遣/宮田工場/
◆関東自動車工業/450人/期間工/トヨタ系。岩手工場、東富士工場(静岡)
◆田中精密工業/72人/派遣/ジャスダック。自動車関連部品(本社富山)
◆日本特殊陶業/140人/派遣/東証1部。自動車関連部品(本社名古屋)
◆日研総業/600人/期間工/キヤノンの請負会社
◆大分キヤノン/1200人/派遣ほか/キヤノンのカメラ生産子会社
◆東芝/480人/派遣/大分工場、北九州工場
◆シャープ/680人/派遣/三重工場、天理工場、福山工場(広島)
◆アルプス電気/400人/派遣ほか/宮城県内の工場
◆日本IBM/1000人/正社員/継続的な希望退職
◆ソニー/1万6000人/正社員ほか/全世界で削減(うち正社員8000人)
人員削減は70企業だけで派遣・期間工は3万5000人近い。正社員も8500人規模となっている(ソニー除く) 
 
12月26日の日経産業新聞によると、08年10月から09年3月までの間に失業したか、失業が決まっている派遣社員ら非正規労働者が8万5012人に達したことが厚生労働省の全国調査で分かったとのこと。新規内定取り消しは769人に上ったことも判明。 
 
非正規雇用社員のリストラにとどまらず、正規社員の雇用もなくなっていくのは明らかでこの先何年続くかわからない状況である。 
 
ちなみに、非正規雇用社員の推移についての資料を参考に掲載しておく。 
 
hiseikikoyou.jpg 
 
総務省統計局の労働力調査によると、アルバイトや派遣労働者など非正規労働者は07年平均で約1732万人。役員を除く雇用労働者全体(5174万人)の約33%を占める。今や労働者の3人に1人が非正規労働者になっている。 
 
リンク 
 

List    投稿者 shigeo | 2009-01-08 | Posted in 01.世界恐慌、日本は?3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2009/01/781.html/trackback


コメント3件

 mihori | 2009.06.16 15:31

>実質金利が上昇してお得になった国債へカネが移動し、買い手が集まり、
>再び価格が上昇、実質金利下落へ戻り、圧力になります
 
>圧力に戻らないのが暴落ですね・・・
なるほどー☆
今現物とか、新興国の為替にど〜んと資産を移動させているのが、
米国債に戻ってくるか!?がドル暴落するかの見極めポイントなんですね☆
分かりやすい(^^)v
10年国債の金利はどんどん上がってるんですね。。。
どうなるんだろう〜???
やっぱりドルは暴落するのかな!?

 mikan | 2009.06.23 23:51

mihoriさんコメントありがとうございます☆
>10年国債の金利はどんどん上がってるんですね。。。
どうなるんだろう〜???
やっぱりドルは暴落するのかな!?
気になります〜(>_mihoriさんコメントありがとうございます☆
>10年国債の金利はどんどん上がってるんですね。。。
どうなるんだろう〜???
やっぱりドルは暴落するのかな!?
気になります〜(>_<)
市場縮小の折、超債務国の道驀進中のアメリカ。
オバマ大統領が「お金がない」発言をしてるので、一旦暴落を意図的にさせて借金目減りの手をうつ・・・なんてこともあるかもしれませんね〜

 newest arrival hermes handbags | 2014.02.02 2:12

hermes outlet store london 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 米国債が売れないと金利が上がるってどういうこと??

Comment



Comment


*