2007-11-16

炭素税をめぐる議論3 〜CO2削減に有効な政策は?〜

続いて、「このブログ応援団!」さんの提起
http://www.kanekashi.com/blog/2007/11/000383.html
③炭素税の議論だけでなく、どうすればCO2を削減できるのかについての政策とセットで考える(自然エネルギー・公共交通の整備など)
についてです。
いろんな論考が出回っているけれども、一番象徴的というかアツくなっている(パンダでおなじみの) WWF の報告書を見てみました。
WWF のシミュレーションは排出量6%削減を実現するために、温室効果ガス削減コストとして20%の追加的従価税(30ドル/炭素トンにほぼ相当)を掛けたとしても、日本市場はその技術革新により  GDPが473億ドル増加するとしています。その中心にあるのは技術革新→新技術生産による機械産業の伸びだそうです。だからこのチャンスをみすみす逃すのは愚行だと主張しています。
clip_image002.gif
http://www.wwf.or.jp/activity/climate/lib/kyotoprotocol/motarasukaj.pdf
より転載しました。
そして、
続きの前にポチッと ↓↓
      

にほんブログ村 経済ブログへ


また、 WWF が有効とする政策、方策をたくさん並べて提言しています。

利用効率の高い最新技術の積極的普及
ハイブリッドカー、 燃料電池自動車、高効率蛍光灯、LED(発光ダイオード照明)、インバータ制御モータ、燃料電池コジェネレーション、アモルファストランス、高性能工業炉、太陽電池、風力発電、バイオマス発電など
サービス経済への移行
リフォーム・ビジネスの奨励、レンタカー・ビジネスの奨励(カーシェアリング・ビジネス)、自動車メンテナンス、家電製品の修理・リサイクル、オフイス・レンタルサービス、ESCO(モータの効率的利用サービス・ビジネス)、効率の高い照明灯配布計画
ライフスタイルの変革
軽・小型自動車の奨励、環境定期券、エコドライブ・ライセンス、過剰な照明・冷房・暖房の抑制
CDM/JI
天然ガス発電所の建設、太陽電池、風力、バイオマス・バイオガス発電の設置、省エネルギー技術の移転

http://www.wwf.or.jp/activity/climate/kyoto/japan.htm
上記を推進するとCO2削減と同時に機械産業が伸びてGDPが上昇するというのは本当なのでしょうか?
確かに有効だろうと思われる政策もありますが、結果GDPが上昇、消費拡大するんだとしたら製造業が息を吹き返して生産しまくり、輸出入が拡大、国内輸送エネルギーも大幅増、またまた新道路建設なんてことになりかねません。
それに例えば風力発電、太陽光発電が現在の火力発電にとって代わるにはどれだけの生産量が必要か想像も及ばず、そのために排出されるCO2でまた大騒ぎになるでしょう。
環境ビジネスは市場拡大のチャンスなどと浮かれずに、市場拡大抑制を模索しなければ環境問題は解決しないのでは?
逆に上記シミュレーションの前提になっている「20%の追加的従価税を掛ける」ということは産業界にとって大打撃、個人消費も一気に縮小し、新技術開発に掛けるエネルギーも出てこないということになるでしょう。
皮肉なことですが増税が最もCO2削減にもっとも有効な政策
だとも言えます。無論、その税収をCO2排出産業に投下しないことが前提ですが・・・。
で、あまり具体的ではありませんが、ふと思いついたCO2削減方策を並べてみました。
・消費税を引き上げる→不必要な消費抑制
・生産コストより処理コストが大きくなる産業の抑制
・誰もが是と信じるリサイクルも・・・せめてサーマルリサイクルからマテリアルリサイクルへ
・効率的なbio fuelの推進・・・日本の余剰米は使えないのか?
・家電製品も昔のように電気屋さんが修理しながら使い続ける


とか・・・。
やっぱり、贅沢をしないライフスタイルに変えていくしか方法はないと思うのは私だけでしょうか?

List    投稿者 tatikawa | 2007-11-16 | Posted in 08.金融資本家の戦略3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2007/11/397.html/trackback


コメント3件

 匿名 | 2008.01.31 22:11

>一般の農民から買おうとすると、鉄片とか石を入れて重さをごまかすことや、洗濯用洗剤を使い収穫した作物を洗うこともあるという。
う〜ん、食べてくれる相手のことは考えないのだろうか。。。

 まる | 2008.02.04 11:00

コメントを入力してください
農地の無い香港と日本を一緒にしてもなw
日本は自給率を高める努力をする事。
これに尽きる罠。
それから米メジャー以外のルートを確保しておくこと。
いざとなったら売ってくれなくなるよ。
リカードの比較優位論持ち出して日本は工業製品だけ作ってればいいと言う無茶な意見もあるが、工業製品なんて無くても人は直ぐに死なないが食糧と水をとめられたら直ぐに死ねる。
かつてはカロリーベースで7割以上あったんだからな。
食糧が高騰してる今がチャンスなんだがな。
どうも米国の圧力に屈してる印象が強いな。
食料と水だけは奴らに牛耳らせちゃいかんよ。
ウォータービジネスが日本参入を虎視眈々と狙ってるみたいだが・・・
市場原理主義だ、WTOだ、比較優位論だ、外貨獲得至上主義だ、なんて言ってる場合じゃねえって。
そんなもんは虚栄心に基づいた幻想だって気付いたろ?
特にプラザ合意以降は対米輸出で稼ごうとすればするほど貧しくなると言う構造になっちまってる。

 wholesale bags | 2014.02.10 6:03

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「安全を確保するという認識」再び!

Comment



Comment


*