2008-07-12

炭素本位制時代は来るのか?4

earth2.JPG
【原発 年32基増必要、投資額4700兆円 IEA試算】

 国際エネルギー機関(IEA)は6日、2050年までに世界の温室効果ガスの排出量を半減するためには、原子力発電所や風力発電の増設などに総額45兆ドル(約4700兆円)の追加投資が必要になる、との試算を発表した。


 昨年ドイツで開かれた主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)では、世界全体の排出量半減の目標を「真剣に検討する」とした。今回の試算を受け、7、8日に青森県で開かれる主要8カ国(G8)エネルギー相会合では、省エネ推進や代替エネルギー開発に向けた協力体制づくりを目指す。(リンク



 2050年までに4700兆円ということは、今2008年だからあと42年で割ると1年で112兆円、1日で3000億円…。日割りで考えてしまう発想が我ながらビンボ臭いですがとにかくすごい額です。なぜ減らすのにこんなに金が掛かるんでしょうか。逆にみんなで金使わなければ減るんじゃないの?

にほんブログ村 経済ブログへ





上記のニュースの元ネタはIEA(国際エネルギー機関)の出した
「エネルギー技術展望2008(リンク)」
のようです。
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%202%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg


この資料によると、[地球温暖化を摂氏2度から2.4度までに抑えるためには、温室効果ガスの排出量は2050年までに50%から85%まで削減されなければならない。]と結論付けています。そのために必要な投資として挙げられている主なものを紹介すると…。



■建築物部門
・外壁対策、ヒートポンプ、太陽熱暖房、高効率照明など:7兆4000億ドル
■発電部門
・原子力発電32基/年、風力発電14000基/年、太陽光発電所80基/年など
 :3兆6000億ドル
■輸送部門
・10億台の電気自動車・燃料電池自動車など:33兆ドル
■産業部門
・鉄鋼、セメント、製紙プラントのアップグレードなど:2兆5000億ドル



CO2を減らすために色々作らなければならないようですが、これらを作るために排出する分はちゃんと計算に入ってるんでしょうか?

なんだかダマされているような気もするのでもう少し詳しく読み込んでみると、資料の前文「2050年までのシナリオと戦略」では、こう述べられています。

[経済成長と開発を持続させていくため、世界は絶えずエネルギー供給を増加させていく必要がる。しかしエネルギー資源は逼迫しており、今日のエネルギー利用から来る二酸化炭素の排出は既に我々の気候を脅かしている。]

さらに[我々エネルギー部門において深刻な課題に直面している。国際経済は現在から2050年までの間に4倍の規模に成長を遂げると考えられており、中国やインドといった発展途上国においては成長率は10倍近くに達し得る。この経済成長は経済的な利益や人々の生活水準の大幅な向上をもたらすが、同時に現在よりはるかに多くのエネルギー利用を伴うことになる。もし我々がエネルギー需要の伸びを経済成長と切り離し、また化石燃料の需要を切り離さなければ、天然資源や環境に対して持続不可能な圧力がかかることは避けられない。]



 IEAの論旨は、「今後も世界経済は成長して、人々はもっと物的に豊かになっていかなくてはならない。エネルギー供給も増加させていく必要があるが、CO2は減らさないといけない。」ということのようです。


なんかこう「食事制限はしたくないけどダイエットしたい。」「お金使えばなんとかなる?」とのたまって深夜通販で色々買ってしまう人と共通するものが感じられます。(それでうまくいったという話はあまり聞いたことありませんが。)




%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A.jpg




なんかこうさらにダマされてる感が漂ってきます。市場拡大を維持したままでCO2を半減ってちょっと虫が良すぎる気もするんですが、「IEA」ってどんな組織なんでしょう?

List    投稿者 kato | 2008-07-12 | Posted in 08.金融資本家の戦略11 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2008/07/589.html/trackback


コメント11件

 hassii | 2008.10.25 17:58

デフォルト(不履行)は信用を無くして孤立することを意味するのですよね。
デフォルトを危惧する国家をネットで検索してみました。
http://moneyzine.jp/article/detail/103226/
「MoneyZineニュースより」
「米国発の金融危機は世界中に飛び火し、アジアや欧州などの新興国は悲鳴を上げ始めている。22日にインタファクス通信が報じたところによると、ベラルーシ政府と中央銀行は、国際通貨基金(IMF)に対し、国内経済の安定へ20億ドル(約2千億円)の融資を要請した。
 またパキスタン政府も国内の治安・政情不安と世界的な金融危機の影響で、債務不履行(デフォルト)に陥る可能性が高まり、IMFに資金支援を求めている。この他、すでにウクライナやアイスランドなどがIMF側と支援協議を進めており、金融危機の影響は連鎖的に体力のない新興国の国家経営に打撃を与えている。
 90年代後半に発生したアジア危機などでは、融資条件のハードルを高く設定していたIMFだが、金融不安に歯止めをかけるため支援の実施を速める緊急融資制度を適用する方針だ。」
逆にIMFにそれほどの体力があるのだろうか?とも心配しますが・・。どうなんでしょうか?

 aruih | 2008.10.25 22:10

>銀行がGDPの6倍にも上る巨額の借り入れを行い、世界中で企業を買収などの投資を行っていた。
これをわが国に置き換えると、三菱UFJが3、240兆円(540兆円x6倍)の借金をして投機に走り、焦げ付きを発生させて破綻。最早、国家が肩代わりできるようなレベルではなく、ロシアの属国になる日も近い。
濡れ手に泡の過剰な金融依存の末路はかくの如しで、他山の石としたい。

 ぴんから体操 | 2008.10.26 23:26

朝起きて、ニュースを見たら
「本日、国家が破綻しました!」
なんてこともありえるのかなーと思うと
結構恐ろしいです・・・。

 mihori | 2008.10.27 13:56

>hassiiさん☆
コメントありがとうございます♪
すごーい☆調べてくださったんですね(*^^*)
ありがとうございます♪
IMFの資金力は2〜3千億ドルらしいです。
挙げてくださっただけでも、ベラルーシ・パキスタン・ウクライナ・アイスランド…4国も。
きっと今後この4国だけではすみそうにないですよね…f(^^;
ということは、“IMFの体制どうする???”っていう問題にも繋がってきそうです★
この辺も新ブレトンウッズの焦点となるようですね♪

 mihori | 2008.10.27 13:59

>aruihさん☆
コメントありがとうございます♪
>濡れ手に泡の過剰な金融依存の末路はかくの如しで、他山の石としたい。
本当にそうですよね。
ヨーロッパも結構金融依存の国が多いとかいう噂を聞きました。
マネー経済が膨らんでいた時は、ものすごい勢いで成長でき、もてはやされたけれど、
マネー経済は実体のない世界。バブルがはじけたら、元も子もないですね。。。
すごくコワイ世界です。。。

 mihori | 2008.10.27 14:02

>ぴんから体操さん☆
コメントありがとうございます♪
ホントにありえそうですよね。
いつおきてもおかしくなさそうです(>_>ぴんから体操さん☆
コメントありがとうございます♪
ホントにありえそうですよね。
いつおきてもおかしくなさそうです(>_<;
国家の破綻とか考えたこともなかったけれど、
今のままだと国家の“信用”もどんどんあやしくなっていきそうですよね。

 日記天国 | 2010.12.11 20:32

アイスランド オーロラの話題

アイスランド オーロラの話題 ☆お勧め広告アイスランド オーロラもいいけどビックリマンも話題です!ビックリマン 漢熟覇王30袋入 〔かんじゅ…

 hermes dark gray | 2014.02.02 5:11

hermes bags guide 金貸しは、国家を相手に金を貸す | アイスランド〜小さな金融大国の誕生から崩壊まで〜

 wholesale bags | 2014.02.09 20:58

金貸しは、国家を相手に金を貸す | アイスランド〜小さな金融大国の誕生から崩壊まで〜

 cheap christian louboutin red bottoms | 2014.02.25 10:10

christian louboutin bow bag 金貸しは、国家を相手に金を貸す | アイスランド〜小さな金融大国の誕生から崩壊まで〜

 Nike Shoes Outlet UK | 2014.03.11 20:12

金貸しは、国家を相手に金を貸す | アイスランド〜小さな金融大国の誕生から崩壊まで〜

Comment



Comment


*