2014-01-02

アメリカ・デフォルトは起きるのか!?-5 〜金貸しは国家を見限り、直接支配に乗り出した!?〜

%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%80%80%E5%88%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA.jpg
こちらより拝借しました
  
お正月ということで、今年含め、これからの未来がどのようになっていくのか?を考察したいと思います。
新年早々故、明るい未来を描ければと思っていたのですが、米国債デフォルトを巡る状況をつぶさに見ていくと、どうもそうも言ってはいられません。
 
逆に、とっても恐ろしい未来が待ち受けているのではないか?という結論に達してしまいます。
 
前回の記事『アメリカは世界支配に向けた壮大な実験場!?』では、ロスチャイルドが画策する米国債デフォルトとは、実は世界支配に向けた布石で、アメリカはそのための実験場にされているのでは!?という大胆な仮説を立てました。
 
その背景には、国家に巣食った中央銀行制度は、国家の借金を増大させ返済不能に陥り、さらには、国家の存続さえ危うくさせる。つまり、共倒れにならざるを得ないという構造があるからです。
  
さらに、その根底には、人間の欲望は際限がない=物的需要は永続的につくり出されるという経済理論が、消費欠乏の衰弱という人々の意識という現実により崩れ去ったことにあります。
  
そして、それに気付いた金貸し、現在の主力はロスチャイルドですが、それまでのシステムを考え直さなければならない事態に陥っています。
  
また、リーマンショック前夜から始まった、(戦争への道を半ば閉ざされ)金融世界に食指を伸ばしてきたロックフェラーに対し、それを迎え撃ったロスチャイルドとの戦いにより、それまで門外不出であった双方の国家支配の手口が、敵対し合う双方からのリーク:暴露という形で、主にインターネットを通じて広がり、彼らの存在と支配の仕組みが、一般庶民に明らかにされつつある状況は、彼らの危機意識を相当高めていることは容易に推測できることです。
 
彼らが最も恐れることは、集団としてまとまり対抗してくることです。

にほんブログ村 経済ブログへ


彼らが庶民を支配するやり方は、羊の群れのように、牙のない家畜として、個々がバラバラの状態にしておくことで一貫しています。
 
武力支配国家では、国家の中枢の人間を動かし、領土を拡大、力で支配し、庶民から搾取してきました。
 
民主主義国家になると、国家の中枢からさらにその下の学者や官僚、マスコミまでを支配下に広げ、キリスト教とそこから派生してきた個人主義思想を植え付けることで、間接支配を行ってきました。
 
個人の利害関係や趣味・嗜好という狭い枠組みに押し込める洗脳教育(公教育)を国家単位で行い、全体に目を向けない=お上に歯向かう意識を根絶→従順な個人(迷える子羊)を作り上げて来たのです。
公教育の本質は、【調教】にあるのでは!?
 
そして現代、その様相が一変したのは、特に日本に於いてです。‘70年貧困の消滅を契機に、徐々に私権衰弱を引起し、それと合せて、自分から仲間への意識転換、つまり(人間としての)本源回帰により、私権原理から共認原理への大転換が進んで、周りのみんなの意識、つまり現実はどうなっているのか?に目を向け出したのです。
 
この動きは、徐々に世界にも広がっていきます。
戦争忌避の動き、南米等の反米意識の高揚、そして、自己中心的な行動に対する否定意識、そさらに、MOTTAINAIや震災を通じての日本人の意識への注目度の高まり等により、共認原理が世界に広まっていっている傾向にあります。
 
そういう状況で、上記のリーク合戦により、彼らの手口が一般庶民に認知され、その事実を持って繋がっていくという流れが強くなっていっています。
その表れが、世界的なデフレ基調です。いくら中央銀行→国家が市場にお金をジャブジャブと注ぎ込んでも、それが廻らない。借金ばかりが増え、それが国家に重くのしかかり、国家事態の存亡が危ぶまれている。このことは、先にも述べましたが、このパラダイム転換ともいえる時代に、金貸し連中も別の方向へ舵を切らざるを得ない状況になったと思われます。
 
1】そこでまず、金貸しが考えた(のでは?と推測できる)ことは、まず、真実が暴露してしまうリーク合戦に終止符を打つことだと思われます。
その動きは、プロローグでも紹介したように、ロスチャイルドがロックフェラーを支配下に納めたということではないかと思われます。
年老いて体力・精神力等を失い、かつ、覇権争いから親族までをもこの世から排除してきたために、その後継者をも失い孤立したデビッド・ロックフェラーでは、ロスチャイルド→実際には親を殺された甥っ子のジェイ・ロックフェラーには敵うはずがありません。
実際に、アメリカで行われているマイクロ・チップやスマートメーター等はロックフェラーが画策していたようですが、それをそのままロスチャイルドが利用しているようにも思えます。
“ロックフェラー”は何を考えているか
 
%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97.bmp%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg
こちらより拝借しました
2】次に、それまで漏洩した事実を隠ぺいする工作として、アメリカ、日本で法制化された秘密保護法を制定しました。
これにより、それまでの“秘密”がこれ以上広がらないようにすることと、今後の仕掛けを知られないようにする方策に打ってでたということではないでしょうか!?
3】彼らの元々の目的は、“金儲け”ではなく、“支配”にあります。
 
支配のためにお金が必要であった時代が去り、共認原理の時代にパラダイムがシフトしたことにより、当初の根幹の目的が露出してきたと思われます。
それが、先の共認形成を直接的に封じる手立て、そして、次に、その動きを察知し、その動きを阻止する手法として、マイクロチップを人々に埋め込み、直接監視→支配を行おうとする動き。或いは、スマートメーターの家庭への導入で、IT時代のインフラともいうべき電力供給をコントロールし、時には、それを使って攻撃に転じることができる兵器としての装置を布設してくことだと思われます。
4】国家と共倒れする中央銀行を断念し、世界中央銀行の画策への動きか!?
前投稿でも触れましたが、世界統一通貨の構想は、25年も前からありました。
新世界通貨 ”フェニックス” 構想の裏づけは金 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=193036
それが、4年前からビットコインというインターネット上の仮想通貨が登場し、どうも統一通貨はこのビットコインになるのではないか?と思われます。
ロスチャイルドは前々から「金を支配する者が世界を支配できる」としており、このビットコインもそれまでの通貨とはことなり、流通量が有限で、その生成の仕方や、細かく分割できる等の性格が金とそっくりである(生成を採掘と呼んでいる)こと、ロスチャイルドが近年、金をかき集めていること等から、ビットコインを金とリンクさせ、流通させようともくろんでいるのではないか?と考えられます。
中央銀行支配からの脱却(5)〜ビットコインは次代の通貨になりえるか?〜
このビットコインの特徴は、この通貨そのものに、流通経緯が情報としてインプットされており、(匿名ですが)お金の流れや動きを押えることができるのです。
これにより、先のIT化による支配が完成するのです。
そしてそれは、前投稿でも触れましたが、中央銀行、そしてその寄生先の国家をも介さない、まったく新しい支配体制になるのです。
%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E2%87%94%E9%87%91.jpgFRB%E5%B4%A9%E5%A3%8A.bmp
こちらより拝借しました
 
5】次に、市場はどうか?を見ると、今世界中を騒がせているTPPによる関税撤廃も、実は、国家を介さない支配体制ということになります。
TPPとは一言で言うと、グローバル企業が国の関与を受けずに、自分達の都合のいいような市場を形成することです。
特定秘密保護法の狙いは国家の株式会社化にある〜器だけの法律の中味を決めるのは一握りのグローバル企業とその代理人〜
その600社の布陣もロスチャイルド、ロックフェラー系企業が呉越同舟仲良く参画しています。
外国市場での障壁撤廃のため、
TPP交渉を通して米国企業に対する強い保護と最大限の市場アクセスを求めるよう
米国政府に要求した「TPPのための米国企業連合」一覧
TPP%E5%A4%9A%E5%9B%BD%E7%B1%8D%E4%BC%81%E6%A5%AD%E6%94%AF%E9%85%8D.jpg
こちらより拝借しました
 
1】〜5】を見ていくと、これは正にロスチャイルドによる世界支配の総まとめというべきもので、共認原理の時代が本格化する前に、共認の基を根絶する壮大な作戦として見て取れるのではないでしょうか?
 
これは、金貸しにとっても、現実直視のパラダイム転換で、まったく新しい支配体制の構築に動いていることになります。
そうなると本当に、それまで、闇でいろいろ手間隙掛けて操っていた国家等どうでもよくなり、直接分り易い形で国家をも支配してしまうというとんでもない方向へ舵を切っていると捉えられます。

%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%86%E3%82%A3%E6%94%AF%E9%85%8D.jpg
こちらより拝借しました
もしこれが本当であれば、日本は基より、世界が、本当にヤバイ、恐ろしいことになってしまいます。
 
これを阻止する術はないものか?
 
可能性としては、これまでの動きは、かなり性急に行われてきており、どこかにそのボロが隠されていることはないか?
 
国家ではなく、(グローバル)企業主体で、企業同士の戦いとなり、それまでの国同士の戦いではまったく可能性を感じなかったことから比べると、現実直視の企業に、可能性はないのか?
 
共認原理に突入する時代で、力ずくで共認封鎖をするということは、その意図とは裏腹に、返って共認を高め、彼らに対抗する直接的な契機となるのではないか?
これは、彼らが最も恐れる、集団で歯向かってくることになる!
 
次回以降は、これらの可能性について、扱っていきます。
ご期待 ください。

List    投稿者 sashow | 2014-01-02 | Posted in 07.新・世界秩序とは?, 08.金融資本家の戦略No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2014/01/2089.html/trackback


Comment



Comment


*