2016-01-05

2016年 プーチンの新年の挨拶/オバマが完全降伏する?!

ロシアのプーチンが新年の挨拶を行いました。今年の国際情勢を考える上でも、プーチンの発言は重要であるため、本ブログでもご紹介します。動画は「Sputniknews」より。

 

この演説の中で、

今日は特にこの祝日を、国際テロリズムと戦い、意思、決意、不屈さを発揮しながら、遠い外国で我々の国益の擁護につとめている私たちの軍人たちに祝いたいと思います。なおこのような資質は、私たちにとって、至る所で、常に、あらゆる場面で必要です。

 という発言は、現在のロシアとプーチンの立ち位置を明確に示しています。シリア介入の目的は、IS-テロリズム-に立ち向かうためであると(地勢的にシリアがロシアにとって重要な場所である、ということはもちろんのこと)。また、彼がロシアの国益を第一に考えている点も明確です。

尚も、シリアへの関与を強めているロシアですが、連合軍を主導するアメリカ・オバマに、イスラム国を支援している国家や諜報機関に関する証拠をすべてまとめた資料を、ジョン・ケリー国務長官に提示したという。

 

にほんブログ村 経済ブログへ

以下、「世界の裏側ニュース」 より転載。

 

オバマがプーチンに「降伏」し、米国メディアが「完全なメルトダウン」状態に

Obama “Surrender” To Putin Throws US Media Into “Complete Meltdown”

12月17日 【What does it mean】 より翻訳

今日、ロシア政府内にロシア大統領府(OP)が作成した新しいレポートが回覧されていた。次は同報告書に記載されていた情報である。

 

過去72時間以内にロシアとアメリカ両国の間に起きた歴史的な出来事は、バラク・オバマ大統領をプーチン大統領に「完全降伏」させ、それによりアメリカによるレヴァント戦闘地区内のイスラム国(ISIS/ISIL/ダーイッシュ)のテロリストに対する米軍の軍事活動を「再評価目的の戦略的撤退」させる原因となった。

 

そしてこれにより、ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)やワシントン・ポストといった「プロパガンダの中心」機関を主に、アメリカのメディア組織が「完全にメルトダウン」し始めている。

 

同地域の紛争について米国メディアが嘘をつき続けてきたということが、全世界の目の前に暴露されたためである。

モスクワで行われた会合にはジョン・ケリー国務長官、ロシアのラブロフ外相、そしてプーチン大統領自身が参加していた。

 

ロシア政府はオバマ政権に対し、アメリカ合衆国によるシリアおよびイラクでの「子供の遊戯」は終わりの時を迎えており、アメリカとロシアの間での核戦争も「現在検討中」だとする内容の「即時通告」を突きつけたという。

 

ロシア連邦は、イスラム国を支援している国家や諜報機関に関する証拠をすべてまとめたものをケリー長官に提示した。

 

ヒラリー・クリントン元国務長官とアシュトン・カーター現国防長官の両者の間で機密にやりとりされていたEメールを、ロシア連邦保安局(KGBの後身)が入手し、ロシア政府はアメリカ側にそのEメールの内容文書を引き渡したという。

そしてこのアメリカ高官両者間の公式で機密だったもののセキュリティ対策がされていなかったEメールが原因で、オバマ政権は即座に「降伏」し、同地域に平和をもたらす可能性のある歴史的な動きを発表したのだ。

ケリー国務長官は、オバマ政権はもはや、シリア国内での政権交代を要求することはないと発表。わずか4週間前にはオバマ大統領は政権交代を認めることは絶対にありえない、と宣言してたのだが。

 

ジョセフ・バイデン米国副大統領は、トルコ政府に対し、イラク国内で侵略行為を行っている軍隊を即座に撤退させるよう命令を行った。しかし6日前までは、アメリカ国務省はその侵略を認めることすら拒否していた。

 

米国国防総省は、米軍がトルコに配置し、ロシア航空宇宙軍にとって脅威となっていたF-15戦闘機を即座に撤退させるよう命令を下した。

 

オバマ政権はロシアと共同して、イスラム国への資金提供凍結を求める国連決議を提議することに同意。今日のアメリカが議長を務める国連安保理の会合で共同提議が行われることになる。

 

 

オバマ政権のイスラム国に対するこの戦争における「方向性・運営方針」を変えさせるのに一役買ったのは、ロシア政府が提示した証拠の中でも決定的な資料で、この資料には、先週、イスラム国が実行した大規模で世界規模の攻撃について詳細が記されていたという。

 

同攻撃により13のインターネットのドメインネームシステム(DNS)が停止されかねない状況になっていたが、もしこれが成功していた暁には、アメリカ合衆国を完全な混乱に突入させていただろう。サイバー・セキュリティの専門家、ジョン・マッカフィー氏はこの起きる可能性のあった混乱はあまりにも深刻なもので、「いかなる核戦争よりも破壊的」となっていただろうと警告している。

 

先週のイスラム国による世界のインターネット破壊構想に関する証拠をまとめた資料はプーチン大統領からケリー長官に手渡された。このイスラム国による攻撃は、イギリス政府が所有していたサーバー・IPアドレスから実行されたものだが、英政府は問題のIPアドレスは、サウジアラビアに売却していたと説明しているというニュースをさらに裏付けるものとなった。

オバマ政権がプーチン大統領に降伏したことを知り、サウジアラビアはアメリカの支援なしで、イスラム国と戦うための主にイスラム系国家34カ国が集結するサウジ自身の連合を形成することを発表した。

しかしインドネシアは、その連合が軍事同盟になることは知らず、参加は望んでいないと述べ、パキスタンの高位の国会議員はこれについてロイターのレポーターからしか聞いていないと話している。さらにトルコによれば、これは軍事同盟というよりはイデオロギー的な同盟だと説明している。

サウジの反イスラム国「同盟」の芳しくない評価が正しいことを裏付けるように、サウジの同盟の最初の「攻撃」はテロリストではなく、アメリカの大統領候補ドナルド・トランプに対して行われ、テロリストへの攻撃はなされていなかった。

ドナルド・トランプ氏については、最近、プーチン大統領が「トランプ氏は聡明で才能のある人物で、負債を負っていない。彼は大統領候補者の中でも絶対的な指導者である」と賞賛していた。

第三次世界大戦への参加を望んでいないオバマ政権にとっては幸運なことに、ロシア空軍はこれで、アメリカの戦闘機まで心配する必要がなくなり、シリア国内で同軍の無防備な状態にあった戦闘機を墜落させた「裏切り者」のトルコ政府にだけ専念していればよいことになった。

そしてプーチン大統領は、単刀直入に、ISの支援者に対して警告を発している(2015年度ロシアの年次演説)。

「彼ら(トルコ当局)は、ロシアが尻尾を巻いて逃げ出すと思っていたのです! いえ、ロシアはそのような国ではありません。

私たちはシリア国内での存在を増強し、同国内に配置した戦闘機の数を増加しました。

以前はロシアの防空システムはシリアにはありませんでしたが、今ではS-400が配置されています。

以前であればトルコは常にシリアの領空を侵略していましたが、今のトルコに同じことができるものでしょうか」

 

以上からわかるように、ロシアがアメリカへ引導を渡した結果、アメリカは手のひらを返すように、ロシアの要望を聞いていいます。アメリカが隠蔽してきたことが、世界に出ることを恐れているためでしょう。(既に出回り始めたとも言えますが・・・)いずれ、911の真相が世間に晒される日がくるかもしれません。

 

ロシア、プーチンから目が離せません。2016年、世界のパワーバランスが大きく変動しそうです。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2016/01/4676.html/trackback


Comment



Comment


*