2008-11-05

韓国の経済どうなる?①〜IMFの介入により、外資にのっとられた国内企業・金融機関〜

kankokubank_yoru.jpg

前回のアイスランドに続き、お隣の国『韓国』がヤバイ!!と聞いて調べてみることにしました。
『韓国の経済どうなる?』 弾として、1997年のアジア危機からIMF介入によりどのような体制変換があったのかを追ってみます :D
1997年タイバーツ下落に端を発したアジア通貨危機で、外貨準備高がそこを尽きた韓国は、IMFに支援を依頼することになる。

アジア通貨危機とは?
危機はそう遠い昔のことではない。1997年7月、タイのバンコクを震源地とした「アジア通貨危機」は、インドネシア、マレーシア、韓国等に波及し、世界経済全体に深刻な影響を及ぼした。
一口にアジア通貨危機といっても、各国毎の事情はそれぞれ異なるが、共通していたのは、危機発生前の段階では各国ともに急速な経済成長に沸いており、海外からの資本も多く流入していたことだ。国内の旺盛な設備投資のために長期的に必要となる資金の多くは海外からの短期的な借入で賄われていた。加えて、国内投資のための「内貨」需要を「外貨」借入で賄うという、二種類のミスマッチが生じていた。また、海外からの短期性の銀行資金や証券投資など、比較的逃げ足の速い資金が、設備投資のみならず不動産や株式投資にも向かっていた。上述のミスマッチがある中で、何らかの要因により海外の貸し手による「信認」が損なわれると、国内銀行の貸出が不良債権化し、国内の金融システムが機能不全となり、経済全体が危機に陥る。しかしながら、そういった状況を下支えするだけの金融・資本システムはまだ整備されていなかったため、悪循環に陥り、さらに海外からの流入資金が引き上げることになった。こうなると、国としての外貨準備も底をつき、為替レートが急激に下落、外貨建債務の返済を迫られる企業は資金繰りに窮するようになる。これが起こったのが、1997年7月だった。その後、個別に事情はそれぞれ異なるものの、マレーシア、インドネシア、韓国へと波及し、アジア通貨危機と呼ばれる状況に発展していった。
http://www.jbic.go.jp/ja/special/international/001/index.htmlより引用

IMFはただで貸すわけではなく、1979年以降「融資の効果を阻害するような政治状態の国」には「政策改善」を条件にした融資を行うとされている。この韓国への融資も例外でなく、IMFから『構造調整計画(SAP)』を強要された。
その中身とは…。。。

にほんブログ村 経済ブログへ

IMFとの合意内容は次のようになっています。
1.外国人による株式投資限度を現行の26%から年内に50%、来年(1998年)には55%まで拡大。
2.外国人による国内金融機関の合併・買収を認める。
3.金融改革法案(韓国銀行の独立性保障と統合監督機関の設立が骨子)の年内処理。
4.短期債券市場の早期開放。
5.税収の拡大と支出の削減による財政黒字の達成。
6.輸入先多角制度(日本製品を対象にした輸入制限:1999年末に撤廃予定)を、来年早期に撤廃する。
7.来年度の経済成長率をGDP(国内総生産)の3%とする。
8.98、99年の物価上昇率を5%以内に、経常収支赤字はGDPの10%(約50億ドル)以内とする。

上記の条件を付けてIMFは210億ドルの直接支援を約束しました。その他に世界銀行100億ドル、アジア開発銀行40億ドルの融資、日米など7ヶ国による220億ドル(日本は100億ドル)の支援ワクが設定されました。総額570億ドルに及ぶ支援は、94年メキシコへの支援額(500億ドル)を上回る史上最大の規模です。
このほかにも、貿易関連の補助金と輸入制限措置を廃止したことは、上記項目の1.2.4.6.と相まって、外国資本(特に金融資本)に国内市場を全面開放したのに等しいものと言えます。
これらの措置によって短期的には外資の流入効果を期待できるでしょうが、短期の金利差益を狙った投機性のホットマネーが大量に流出入することで、国内の金融市場は大混乱に陥る恐れもあります。
http://www.eonet.ne.jp/~unikorea/031040/35c.htmより引用

このIMFの構造調整計画の結果、政府は2001年8月23日、「IMFから受けた緊急融資総額195億ドルのうち残りの1億4000万ドルを繰上げ返済し、3年8ヶ月ぶりにいわゆるIMF管理体制から完全に卒業した」と発表した(リンク)。しかし、経済成長は達成した一方で、この構造調整計画による“金融機関&企業の外資化”が進んだ。
データを見ると、本当にびっくりです
まず金融機関から見てみると…

大手7行の株主保有構造(外資比率:1997年末→2005年末,主要株主)
■国民銀行
 外資比率:41.2%→85.68% 主要株主:Bank of New York(15.21%)
■ウリィ銀行
 外資比率: 8.6%→11.10% 主要株主:ウリィフィナンシャルグループ(韓国預金保険公社)(77.97%)
■ハナ銀行
 外資比率:21.3%→72.27% 主要株主:ゴールドマンサックス(9.34%)
■新韓銀行
 外資比率:23.4%→57.05% 主要株主:新韓フィナンシャルグループ(100%)
■韓国外韓銀行
 外資比率: 2.7%→74.16% 主要株主:ローンスター(50.53%)
■韓美銀行
 外資比率:29.4%→99.90% 主要株主:シティグループ(99.91%)
■第一銀行
 外資比率: 0.1%→100.0% 主要株主:スタンダード・チャータード(100%)
詳細は、http://www.scbri.jp/PDFgeppou/2006/2006-10.pdfの17ページ

大手銀行7行のうち、ウリィ銀行以外の銀行の外資化がどんどん進んでいる。
そして韓国内の大手企業は、

韓国のウォン高でサムスン・LG、昨年度業績が大幅に悪化
主要企業の外人持株比率が42%にまで高まってきている (2006/4/5)
韓国はもともと旧財閥が主要企業を支配していたが、その持株率は低く2001年以降の経済復活の中で外人持株比率が42%にまで高まってきている。
外人持株比率は、最大手銀行のコクミン銀行で85.7%、KT&Gが63%、三星電子が54%。もう既に外資系企業になっている。
そしてPOSCOの外人持株比率は68%だ。
見方を変えれば今までのウォンが97年のアジア金融危機でウォンが暴落して安すぎたともいえる。このように通貨が急騰や暴落を繰り返していくうちに韓国企業は外資に買い占められて、四大銀行は7割以上も外資に買い占められ、サムスンも過半数が外資になり経済植民地になってしまった。
http://www.asyura2.com/0601/hasan45/msg/795.htmlより引用

こうして、金融機関&大手企業の外資化を推し進めたがゆえに、ひとたび金融危機が起こると、一気に外資は手を引き、金融混乱を引き起こすこととなる。

外国人投資家の集中的な韓国株売りで、韓国の代表企業であるサムスン電子の外国人持ち株比率が、2000年2月以降6年8カ月ぶりに40%台に下がった。(2006/10/25)
http://www.chosunonline.com/article/20061025000045より引用

まさに韓国は、悪魔のサイクル に飲み込まれているんだなぁ :cry:
IMFの手口のひどさにちょっとびっくりしました

List    投稿者 mihori | 2008-11-05 | Posted in 08.金融資本家の戦略8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2008/11/724.html/trackback


コメント8件

 にほん民族解放戦線^o^ | 2009.04.22 1:21

ハクジンによる徹底した収奪の歴史。現在も続く「プランテーションモデル」

世銀(IMFやIDAも含む)は世界から貧困を無くすためではなく、全く逆に第三世界を破壊してそこに住む人々から(さらには先進国の国民から)、多国籍企業が収奪…

 バランス | 2009.04.23 21:40

人工増加の要因を見事に説明下さりどうもです。
>もはやこれ以上豊かになる必要はないのだから、改めて自然と同化し、自然の摂理に則った社会をどう作り出してゆくか、という課題になるのです。そのために思考をめぐらせ、どうするかを考えてゆくということです。
マスメディアとゆうのは実に勝手なもので、
つい先日までは、今の日本は物質的に豊になったが
心が貧しいので、根本的に教育から変革
しなければと言っていたはずが、リーマンショック以来、
やれ輸出の効率化がどうの、公共事業(自然破壊)
がどうの、経済大国日本を維持するため、あらゆる
手を尽くせと我々を脅すかのような報道ぶりです。
インターネットの功罪の功として、草の根で
常識に囚われない社会・環境・経済とゆうもの
を考える有志が広がる可能性があげられます。
一部の恐ろしい環境団体が提唱するような、戦
争で人類の半分を減らせであるとか、新種の死
のウイルスを空気中に散布しろなんて発想ではなく、
1人1人が考えて行動してゆく人類になれば、
相当ましな地球になると思います。

 ohmori | 2009.04.24 23:08

バランスさん、こんばんは。
>インターネットの功罪の功として、草の根で
常識に囚われない社会・環境・経済とゆうもの
を考える有志が広がる可能性があげられます。
この可能性はデカイですよね。
そもそも今回の記事も、バランスさんのコメントが発端にあって、以前に追求されていた方の記事を引用させていただいてます。
こうやって知らない者同士が追求した事実を共有し、社会・環境・経済などを一緒に考えてゆく。その結果、ゆっくりとではあるけども、世の中がよくなってゆく。
こんな繋がりが広がっていけば、新たな可能性も大きくなっていきますよ!

 わっと | 2009.04.25 21:34

バランスさん、こんにちは。
>1人1人が考えて行動してゆく人類になれば、
相当ましな地球になると思います。
私たちもそのことを目指してやっています。
そして、今回のようなやりとりができるととても盛り上がりますし、活力が湧いてきます。
これからも、追求のきっかけをどんどん提供してもらえるとうれしいですね。

 バランス | 2009.04.26 23:10

世の中捨てたもんじゃないですね。
日本人は思考停止した民族だと
メディア等で吹聴されていますが、
ネットを一瞥すれば、皆さんそれぞれに
考えをもって生きてますよね。
誰が正しくて間違ってるとかではなく、
それぞれの意見にそれぞれ一理あるから、
その一理を分かち合いより良きものにできる
社会になればいいです。
返事はよろしいです。どうもでした。

 discount hermes bags | 2014.02.01 13:06

hermes bag zip 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『人類の適正数』とは何によって規定されるのか?

 wholesale bags | 2014.02.10 22:16

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『人類の適正数』とは何によって規定されるのか?

 Cheap Ralph Lauren | 2014.03.12 21:20

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『人類の適正数』とは何によって規定されるのか?

Comment



Comment


*