2007-07-04

崩壊したWTO体制とインドのプレゼンス

■崩壊したドーハ・ラウンド
 2001年以来続いてきたWTOの貿易交渉であるドーハ・ラウンドの行き詰まりを打開するために、6月、ポツダムで会議が行われた。出席国は、米国、EU,インド、ブラジル。結果は決裂。これをもって、ドーハ・ラウンドは事実上、崩壊したといってよい。
関連記事
関連記事
feature_3.jpg
 これまで、WTOは、欧米諸国の主導権により動いてきた。しかし、2003年のカンクン(メキシコ)でのWTO閣僚会議において、途上国が連合し、決裂にいたって以来、現在、G20と呼ばれる主要途上国が、他の発展途上国を含めた利益代表者として発言力を強めている。

ポチッと押してね 
  ↓

にほんブログ村 経済ブログへ


■G4ブロックの発言力
 G20は、G4ブロックと呼ばれる、中国、インド、ブラジル、南アフリカの4カ国の動きが注目される。中国を除く3カ国は、IBAS(India-Brasil-Africa do Sulの略)と呼ばれ、首脳レベルの会合を続けている。
関連記事
関連記事
 IBASは、経済分野での協力に止まらず、軍事、貧困などの政治協力も掲げている。
 インドは、これまで、平和共存の立場から、非同盟外交の立場をとり続け、外交面では、消極的であった。が、そのスタンスは反転しつつある。
■日本のエネルギー安全保障の行方
 インドは、サハリン、オーストラリアの原油、ガス、金属資源に対して官民一体で資源外交を進めている。豊富な鉱産資源、宝石類が眠るミャンマーに対しては軍事協力も進めている。
 日本に関していえば、インドなどの主要途上国が発展することで影響がでるのは、例えば、資源確保の点である。世界の資源需給は逼迫する方向にあり、オイル・ショックの再来もありうる。
関連記事
 これまで日本の外交は、アメリカの後ろ盾で行われてきた。しかし、世界経済における主要途上国の台頭によって、アメリカの存在感が相対的に薄れていくなかで、このままでは日本は孤立しかねない。文字通り、国家の存続をかけた選択が迫られている。

List    投稿者 sakamoto | 2007-07-04 | Posted in 07.新・世界秩序とは?7 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2007/07/254.html/trackback


コメント7件

 Chee | 2007.08.12 21:42

だんだん繋がりが明らかになってきましたね。日本はそれほど被害も無いようでよ
かった。ヨーロッパも随分住宅バブルやっていましたもんねえ。ヨーロッパの貸
出しの基準は大丈夫だったのでしょうか?

 Leonrosa | 2007.08.15 23:01

ヨーロッパでも、住宅バウルが発生していましたね。確かスペインが大幅値上がりしていた。
但し、今回のパリバは、対米投資のババをつかんだという事の様ですね。

 にほん民族解放戦線^o^ | 2007.08.23 19:38

投資資金の逃避先は世界中を探しても構造的に存在しなくなっている

アメリカのサブプライムローンの焦げ付きによる影響が日本にも及び、大幅な株式暴落と円高が起きている(中国による米国債売りも絡んでいるとの話も…)。一旦は持ち…

 hermes yellow bag | 2014.01.15 20:21

gucci medium messenger bag price 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 欧州中央銀行が無制限資金供給(買いオペ)を実施
hermes yellow bag http://glazetechnology.com/where-to-buy-hermes-handbags-hermes-yellow-bag-9442.asp

 hermes handbags belgium | 2014.02.03 18:20

hermes international usa 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 欧州中央銀行が無制限資金供給(買いオペ)を実施

 Norway Hermes bags | 2014.02.07 4:23

hermes 63225 langen 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 欧州中央銀行が無制限資金供給(買いオペ)を実施

 wholesale bags | 2014.02.10 14:34

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 欧州中央銀行が無制限資金供給(買いオペ)を実施

Comment



Comment


*