2021-01-21

トランプは、軍事政権でアメリカ合衆国ではなく、アメリカ共和国の大統領になる?(るいネット)

『るいネット』「トランプは、軍事政権でアメリカ合衆国ではなく、アメリカ共和国の大統領になる?」から転載。

----------------------------
アメリカ時間1月19日の、状況としては、予告されていた犯罪者の告白ビデオも放送された形跡もなく?今まで、トランプの優勢を伝えていたトランプ支持派の現地ニュース(メインメディアではない)でも、トランプがかなり劣勢で計画がうまくいってないという記事が多数ある(あきらめているわけではないが)。

その中で一番の話題が、トランプ自身が出した、『【速報】トランプ大統領1期目の終わりに別れのメッセージ/全文』 『トランプ大統領のお別れメッセージが公開、政治運動は「始まったばかり」』にあり、トランプの敗北宣言のようにメインメディアでは報道されている。その中には『今週、私たちは新政権を発足させ(we inaugurate a new administration)、アメリカを安全で繁栄させることに成功することを祈ります。皆様のご多幸をお祈り申し上げますとともに、幸運をお祈り申し上げます。非常に重要な言葉です。』という意味深な言葉もある。

しかしこれは、アメリカ合衆国大統領(US President)としての発信であり、バイデン次期大統領の名前には言及せず、大統領選での自身の敗北にも触れていない。トランプが目指しているのは、FRBに支配される前のアメリカ共和国へ戻り、法的にはアメリカ合衆国(株式会社アメリカ)の支配国家であるワシントンDC(コロンビア特別区)をその詐欺的支配者を含めて叩き潰すことにあるから、次期政権とはアメリカ共和国の大統領であり(今のはアメリカ合衆国)、それは、トランプ自身であると考えられる。

そして、FRBの前身の国際銀行団に支配される以前の大統領は第18代なので、トランプは第19代大統領になるという発信もある。これは、以前から出ていたトランプはアメリカ合衆国(アメリカ株式会社)の最後の大統領になるという情報とも一致する。

さらにこれは、お金の支配の最上流にある中央銀行スステムの解体そのものである。また、新政権では事故死したはずのJFケネディジュニアが副大統領になるという情報もあり、それが本当なら、彼の父がFRBに対抗して政府紙幣を発行しようとして暗殺されたことからすると、2代にわたる戦いになる。

List    投稿者 tasog | 2021-01-21 | Posted in 07.新・世界秩序とは?No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2021/01/7760.html/trackback


Comment



Comment


*