2008-11-30

ブレトンウッズで勢力を増進した金貸したち、新ブレトンウッズで勢力減退へ!

G20-1.jpg
1944年ブレトンウッズの背景
米国ニューハンプシャー州のブレトンウッズで、国際通貨基金協定などが結ばれて、ドル基軸通貨体制が確立した。
この時、国際銀行やIMFの設立と並んで、GATT(後のWTO)も設立された。1929年の大恐慌以来、主要国が取ってきたブロック経済政策を取り払うのに必要な機関であった。つまり、GATTが目指したのは貿易の規制を緩和することによって、輸入数量制限や特定品目の禁止などの障壁を取り除くことにあった。
当時の実体経済を主導する米国が、グローバリズムを進めていくためには、輸出入における障害を廃するための規制緩和が不可欠であったのだ。
米国が覇権を確立するためには、ポンドからドル基軸通貨体制に移行することと貿易の自由化がセットで必要であった。また、それは実体経済を背景とした覇権闘争であったとも言えるだろう。
この時代は、金貸したちも実体経済に投資していた。これ以降、世界の富の大半が米国に流れ込み、金貸したちが米国に拠点を置くようになった。世界経済では、ドルが流通し、為替が安定したため、経済規模は発展していったが、ドルの流通量が増加したため、米国の国際収支は赤字になり、ドルの信用が低下していった。
ところが、1971年のニクソンショックにより、米国自らが金ドル交換停止(IMF協定違反)や輸入課徴金の導入(GATT協定違反)を行い、ブレトンウッズ体制が崩壊していった。これにより、変動相場制が世界で採用されるようになった。
それに伴い、貧困が消滅し、実体経済の拡大がストップすると共に、金貸したちの活躍しやすい状況が作られたのである。金貸したちが実体経済からマネー経済に移行していったのは、このころからである。
ブレトンウッズ体制を崩壊させマネーゲームへと導いたのは、その体制を作り上げた米国自身であった。

にほんブログ村 経済ブログへ


■2008年11月15日ブレトンウッズ2(G20)の背景
今回のブレトンウッズ2の開催は、世界的な金融危機を契機としている。危機発の新しい枠組みの必要意識はあるものの、国際化や自由主義の推進という目標がないのが1944年との大きな違いだ。
議論の焦点は、多極通貨体制への移行とともに、現在の混乱の主原因ともいえる金融規制へと向かっていくのは間違いない。
しかし、自由と規制に対する緩和という前回の議論とは正反対で、自由化の結果としての今回の金融危機に対する総括が求められるのが大きな違いだ。
もう一つの違いは、どの国が主導権を握るのかがまだわからないところだ。G7中心になるのか、それともBRICsか、いずれにしてもブレトンウッズ1の時のように、米国だけに都合のいい会議にもっていくことはできない。
「ドルは、もはや唯一の基軸通貨であると言い張る事はできない。」(サルコジ仏大統領)、「新興国は今回の危機の原因ではなく、金融危機の最大の被害者だ。」(シン・インド首相)などの発言に代表されるように、「米一極体制」は完全に行き詰まっている。米国のこれまでのような独善的な振る舞いは、EUや新興国が許さない状況になっている。
各国の首脳や学者が集まって、金融規制をどうすると議論すること自体、自由主義の終焉であることを象徴する出来事である。
自由主義の終焉が近付づいている、金貸したちも弱体化していくに違いない
■追記
11月15日にG20(ブレトンウッズ2)がワシントンDCで開かれた。会議期間の短さ(今回は数時間→1の時は、2週間)や準備期間の短さ(今回1か月→1の時は、2年間)により、各国の方策を確認したの過ぎなかった。次回は、2009年4月に英国で開かれる予定である。今回の会議も、英日がG8での開催を主張していたのに、直前になってブッシュの横やりが入ってG20になった。これは、金貸したちが次に移住する国を絞りきれていないことを意味するのでは?
しかし、いずれにせよ金融規制は実施されるだろう。現在の金融危機で少なからず損害を被っている金貸したちにとっては、厳しい状況に追い込まれるに違いない。そうなると、一枚岩になりきれない金貸したちは、お互いの足を引っ張り合うに違いない。
金貸し支配の自由主義の終焉→金貸し勢力の弱体化  ついに金貸したちの牙城が崩れ始めた!

List    投稿者 matchan | 2008-11-30 | Posted in 07.新・世界秩序とは?6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2008/11/746.html/trackback


コメント6件

 yellow hermes | 2014.02.01 16:10

hermes replica handbags usa 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「農協貯金」が狙われている!?

 buy cheap hermes belt | 2014.02.04 2:12

hermes handbags ebay uk 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「農協貯金」が狙われている!?

 cheap hermes black purse | 2014.02.07 13:28

hermes uk gatwick depot 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「農協貯金」が狙われている!?

 authentic hermes bags online | 2014.02.07 16:31

hermes paket mehr als 31 5 kg 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「農協貯金」が狙われている!?
authentic hermes bags online http://krikonis.gr/images/authentic-hermes-bags-online-6125.asp

 wholesale bags | 2014.02.10 2:01

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「農協貯金」が狙われている!?

 http://topuloey.over-blog.com/ | 2014.03.12 16:43

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「農協貯金」が狙われている!?

Comment



Comment


*