2010-03-01

宇宙船地球号パイロットのマニフェスト(14)                 ケース・スタディとしての「朝鮮半島エリア」(下)

北朝鮮という国の現状を表現するならば、まさに「窮鼠猫を噛む」の一言に尽きるでしょう。中国語の「窮鼠噛狸」が由来だそうですが、そう言えば金正日氏のご尊顔は、どこか「狸」にそっくりです。本来ならば「狸」が「狸」を噛むような共食いはないはずでしょうから、問題が解決しないはずはないはずなんですが……。
英語で「窮鼠猫を噛む」は、「A doomed mouse will bite a cat if he has no choice」となります。つまり選択肢が無いから噛むわけで、噛まなくするには、相手が納得する選択肢を与えればいいのです。
北朝鮮が、喉から手が出るほどに欲しい選択肢は必ずあるわけで、しかも私たちは、その選択肢を与えることもできるわけです。そうすれば鼠は猫を噛むこともなくなり、鼠も猫も、他の動物たちともども、平和に共存することができるようになります。甘いでしょうか?
ということで、14回目、最終回の投稿をお届けしますが、例によって今後の進捗を一覧にしておきます。バックナンバーについては、リンクになっています。
 1.「石油・ドル本位制」に代わる世界システムをつくる
 2.石油に代わる代替エネルギー資源としてのトリウム
 3.人類が必要とする8万kWe、84万基のトリウム原子炉
 4.トリウム原発によるBOP優先の安価な電力供給計画」
 5.トリウム・エネルギーが生むポスト・ドルの準備通貨「UNI」
 6.地域通貨「アトム」から国際準備通貨「UNI」への出世街道
 7.「見えざるカミの手」による布石か? シーランド要塞跡
 8.金融崩壊の今こそ、金融再生を担う新しい人材が必要
 9.工程表に従い、エンジニアリング企業とシーランドを確保
10.2050年の人口を基に策定したマーケティング・エリア
11.総額1680兆円の建設費を要するトリウム・エネルギー
12.トリフィン・ジレンマのない「アトム」だから「UNI」に出世できる
13.ケース・スタディとしての「朝鮮半島エリア」(上)
14.ケース・スタディとしての「朝鮮半島エリア」(下)(本稿)
では始めましょう。その前に、クリックをお願いします。

にほんブログ村 経済ブログへ


ありがとうございます。
トリウム原発の開発にとって、天与の優れた立地条件を持つ北朝鮮
北朝鮮への対応は、まず全てに優先して、いわゆる「核問題」を「解決」するというよりも、「核問題」そのものの「消滅」を実現しなければなりません。もちろん経済発展のインフラのさらなるインフラは「エネルギー」であるわけで、石油・石炭による火力発電よりも低コストのトリウム原発による電力によって、北朝鮮の経済を再興することは喫緊の優先課題です。
実はトリウム原発の開発にとって、ある意味で、北朝鮮は「天与」としかいえない優れた立地条件をもっています。トリウム原子炉のうち、最大の重量を占める材料は黒鉛ですが、北朝鮮の平北には、世界的規模の良質の黒鉛の鉱脈が眠っています。
次に、トリウム原子炉を構成する金属材料は、熱と放射線に耐える合金として開発された「1%ニオブ添加ハステロイN」というニッケル系の合金が使われるのですが、これは、ニッケル70%、モリブデン16%、クローム7%、鉄5%、ニオブ1%、シリコン1%、マンガン0.8%、タングステン0.5%、銅0.35%、コバルト0.2%、アルミ+チタン0.35%、炭素0.08%からなる特殊な合金です。
鉄鉱石や銅鉱の産出はいうまでもありませんが、まずハステロイNの主成分であるニッケルを含むニッケル鉱は、咸南・端川郡、江原・伊川郡に大量に存在します。モリブデンを含む水鉛、クローム鉱、マンガン鉱も、量的にはそれほどではありませんが十分に自給できます。ニオブを含むコロンブ石は、平北・朔州に世界的富鉱があり、シリコンの原料である珪砂も豊富に分布しています。またタングステンを含む重石は黄海道・谷山に東洋一の富鉱があります。コバルト鉱は咸南・端川郡に産し、アルミニウムの原料である明礬石、礬土頁岩、高嶺土、霞石も、少量ながら自給できる量は産出しています。チタンを含む金紅石、チタン鉄鉱、黒砂は、平南・順川郡、咸北・吉州郡、江原・平康郡に眠っています。
トリウム原子炉の燃料は、「フリーベ」といわれるフッ化リチウムとフッ化ベリリウムの混合塩に、フッ化トリウムと種火用のフッ化ウランを熔解した熔融塩です。これらの原料を見ていきますと、まずリチウムを含むリシャ雲母、輝石については、戦時期に咸南・文川郡で世界的な鉱床が発見されていますし、ベリリウムを含む緑柱石は平北、江原に産出します。
肝心のトリウムを含む燐、セリウム、トリウムの化合物であるモナザイト(重砂)は、平南・平原郡順安面と黄海・延白郡できわめて豊富に存在しており、さらに北朝鮮のモナザイトには、ウランの化合物が含まれてもいます。このモナザイトに着目していたのが、1941年から陸軍の委託により原爆研究を開始した理化学研究所でした。
日朝間の外交の硬直を破るのは、シーランドと北朝鮮の国交樹立
このように見てくると、北朝鮮はトリウム原子炉を開発し、トリウム原発を操業するために必要な全ての資源を、完全に自給して余りあるということが、はっきりとしてきます。もの凄い可能性をもつ国であることがわかります。
私の計算では、人類が必要な出力8万kWeのトリウム炉84万基のうち、北朝鮮と韓国が必要とする基数は、それぞれ2,433基、4,415基です。仮に北朝鮮がトリウム原子炉の生産国となって、これを積極的に輸出していけば、短期間で韓国に引けを取らない経済力をつけることも可能になるでしょう。
南北の統一にとって重要な条件は、可能な限り経済格差を埋めておくということですから、そのためにもトリウム原発による北朝鮮の経済建設を、それこそ千里馬の勢いで進めていくことは、その可能性を大いに現実化することになります。
ところでこうした戦略を私たちが描いたとしても、肝心の日本の外交が「バカの壁」を越えることができず、また6カ国協議などの席でも村八分にされたままの状態では、国交正常化といってもそれは逃げ水に等しい蜃気楼でしかありません。
ならば日朝国交正常化の進捗の如何にかかわらず、私たちの取組みを前進させる道筋はないものでしょうか。あります。シーランドと北朝鮮とが国交をもつことによって、日本固有のしがらみや障害は、見事に解消してしまいます。
昨(2009)年4月、エジプトのオラスコム・テレコム社が、朝鮮逓信社と携帯電話の合弁会社を設立して世界を驚かせましたが、これと同じように、シーランドに設立する「トリウム・エナジー社」が、例えば城津製綱連合企業所(旧日本高周波重工業城津工場)とトリウム原子炉をつくるための合弁会社をつくることには、ほとんど障害は無いはずです。投資はもちろんシーランドの通貨、「アトム」で行います。

Thorium_Company.jpg
「アトム」でトリウム原発の合弁会社を

核の脅威の牙を抜き、抜け跡を癒して余りある成長をもたらす「アトム」の力
この「アトム」という通貨そのものが、その本質に、「アメとムチ」、「対話と圧力」の性質をもっていることは、すでに解説したところです。「アトム」には、金正日氏の瀬戸際政策からもたらされる核の脅威の牙を抜く力と、抜いた牙の抜け跡を癒して余りある成長をもたらす力が、さながら備わっています。
日本以外の列強は、鵜の目鷹の目で北朝鮮の豊かな鉱物資源を狙っています。これらの国は、いずれも北朝鮮の鉱物資源を、植民地に対する宗主国のように奪い取ることしか考えていません。であればこそ私たちは、可及的速やかに北朝鮮にアプローチし、北朝鮮の資源を北朝鮮の国富のために活用し、経済を活性化して、もって南北朝鮮統一の日が一日も早く実現することに貢献していかなければなりません。
それが同時に、日本人にとっても、朝鮮人にとっても、そしていわゆる在日の人々にとっても、平和のうちに共存する権利を享受することになるのではないかと考えます。またこのことが、北朝鮮の「核問題」と、日本人の悲願である拉致問題を、最も早期に解決するための実践でもあると確信します。
「トリウム原発建設計画」によれば、「東アジア」の原子炉の製造拠点は、日本の高松になっています。しかしこのケース・スタディのように、北朝鮮に生産拠点を置くというような発想を、縛ってしまう必要はさらさらなく、柔軟に対処できてしかるべきでしょう。
このケース・スタディのように、世界の総てのエリアにおいて、エリアの実態を知り尽くした上での取り組みをプランニングし、実現していくことが、宇宙船地球号のコクピットに参加する総ての同志たちに課された尊いミッションであるわけです。
最後に──
郵政凍結法案がめでたく成立しました。亀井静香氏の胆力と辣腕によるものでしょう。とにかく日本人のずば抜けた個人資産は、世界中から鵜の目鷹の目で狙われてきた最後の「虎の子」であって、これが守られたことは、実に慶賀の至りです。6回目に「アトム」の創生について書きましたが、この「アトム」が創生できるのも、まさにこの日本人の「虎の子」あっての話です。
これまで世界秩序の制度設計をやってきたのは、欧米人、とりわけユダヤ人の頭脳であったわけですが、これからは日本人こそ、世界の秩序を全面的に書き換える人類共同体のシステム構想を構築していく頭脳とならなければなりません。いや、頭脳だけでは足りません。
8回目の冒頭に書きましたように、「奥」、「連」、「結」、「講」という、日本の伝統的な金融経済文化の中には、共同体にはなくてはならない心のパイプラインが通っていました。宇宙船地球号のクルーの中で、日本人が本気になってリーダーシップを発揮していくべき必然性が、この心にあるのです。本投稿は、そういう日本人としての心意気が書かせたものでもあることを最後に申し述べ、筆を置きます。
Dr. Done
<資料>トリウム原発建設計画

List    投稿者 Dr. Done | 2010-03-01 | Posted in 07.新・世界秩序とは?1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2010/03/1197.html/trackback


コメント1件

 親父の小言 | 2010.10.18 1:57

赤字国債は確かに小手先の誤魔化しで、将来的は破綻確実ですね。
しっかし、国がドンドン借金したところで、庶民の生活には殆ど影響が出てこないのはなんでですか?
みんなが、「リアルこりゃヤバイ!!」と感じなくてはどうにもなら無い気がしますが・・・・いかがですか?
やっぱり、国民とは別の世界にいる官僚のすき放題を何とかしなけりゃならんのでしょうかね?

Comment



Comment


*