2011-07-07

シリーズ「必要か否かの判断の土俵」その8〜新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?〜

            %E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AE%E6%B7%B7%E4%B9%B1%EF%BC%91.jpg
 
大震災でも原発問題でも政治が混迷していますが、政治の混迷は今に始まったことではありません‥‥
 
日本国民は、ずっと前から政(まつりごと)はお上に任せて、現実の生活を営んできました。良くも悪くも、基本的に日本人は権力とか政治には無関心でした。しかし、もっぱら現実の中で生きてきたということが、豊かな日本の文化を育み、日本人の健全性を保ってきた基底構造の一つであろうと思われます。
 

江戸時代の生活より
 
江戸には当時世界一がいくつも有りました。人口は西暦1800年120万人が暮らす世界一の大都市でした。当時第2位のロンドンが90万人、3位のパリが60万人、ニューヨークにいたってはまだ6万人でした。(日本全体では1600年1227万人、1720年3128万人でそれ以降1873年3330万人までほとんど増減なしだった。)
 
水道設備も世界一でした。時代劇でよく見る長屋の井戸は地下の木管の中を流れる水を、木管に開いた穴からくみあげる井戸だったのです。神田川、井の頭池、玉川などを水源に高低差を利用して木管の中を川のように流しました。
使われず川に落ちる水は船で受け取って、水の便の悪い地域に運んで再利用した。
当時の江戸の60%の人がこれで生活していました。1年中1日中使えるこの水道設備は当時世界に無いものでした。唯一ロンドンにも水道設備はあったものの、週3日、1日7時間給水でした。
 
世界一清潔な大都市でした。ロンドン、パリでは「おまる」にとった排泄物を道路に投げ捨てていました。それを下水にはき寄せて川に流していたようで、道路は至る所汚物だらけ、テームズ川もセーヌ川も異臭を放つ猛烈などぶ川でした。(明治の初め頃まで隅田川の屋形船では船から川の水を汲んでお湯を沸かしたと言う記述がある。)
 
江戸では、排泄物は便所から汲み取られ堆肥の材料として、高額で取り引きされるほど大切にされていました。したがって、道路を汚すことは少なかった様です。
下水に流したものは洗濯の水と、米のとぎ汁であるが、ほとんどが川に流れ込む前に大地にしみ込んでしまったとある。洗濯はと言うと、石鹸は高価で使われず、灰やムクロジなど環境に良いものが使われていました。しかも洗濯や炊事に使った水は、拭き掃除に使い、最後は畑や植木にやったり、打ち水するなど徹底的に使いまわす事が多かったので、量も現代よりはるかに少なかったと思われる。
  
ロンドンやパリを知る外人は江戸の街の清潔さ、よく入浴し、粗末だがよく洗濯された着物を着る江戸の人たちの清潔さに驚嘆したそうです。
 
寺子屋による初等教育の就学率の高さは、当時群を抜いて世界一だった。1850年頃の江戸の就学率は農村部まで入れても70〜85%と推定されている。それに比べ1837年ころイギリスの大工業都市で、20〜25%。革命後のフランスでは1793年に初等教育を義務化したが、10〜16才の就学率は1.4%だった。ロシアでは1920年でも20%だった。しかも、幕府には文部省の様な部署は無く、お上の計画にのっとって作られたと言うよりは、庶民の間で自然に出来ていったシステムと思われる。現代のような画一的な教育ではなく、独りずつのレベルに合わせた理想的な個人指導だったようだ
 
さらに驚くべきことに、100万を超えるこの大都市に、現在の警察官にあたる与力、同心は24人しかいなかった。

 
今まで好き放題に権力を貪ってきた連中も、思うようにいかない現実を前にして、右往左往するばかりですが、万事がここに至って、日本人にも「そろそろなんとかせにゃならん」という空気が出はじめている所なのではないでしょうか。
 
しかし、長い間政治に無関心だった日本人が立ち上がるには、まだ何かが足りていない気がします。さて、なにが足りないのでしょう? また、「新しい可能性が顕在化する」とはどういうことなのでしょう?
 
応援よろしく御願いします。
 
 

にほんブログ村 経済ブログへ


 それでは、超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか? を見ていきましょう。
 

『必要か否か』という基底的な『判断の土俵』が顕在化すれば、国家も市場も(あるいは身分もお金も)、古い現実の全てがその新しい土俵の上に乗せられ、その土俵の上で古い現実は溶かされor砕かれて、新しい現実=『判断の土俵』を基礎とし、『人数』を評価指標とする演場空間の下に再統合されてゆく。 
 
         %E5%9C%9F%E4%BF%B5%EF%BC%92.jpg
 
しかし、そうであるならなおさら、何故、新しい演場の中核となる『認識形成の場』が、有料化され、今さら古い土俵=市場に乗る必要があるのかが、疑問になる。
例えば、私権の強制圧力が衰弱し始めて以来、有閑化や人(ひと)収束やサークル(NPOを含む)etcむしろ市場外の生活領域が拡大してきた。
 
しかし、結局それらは何ら新しい現実を結実させることが出来なかった。単なる有閑や人(ひと)収束やサークルに留る限り、何ひとつ結実しないことは、この30年間の実績から(更には過去の全ての社会運動の不成功からも)明らかである。

 
一時、心ある人達によるサークルやNPOなど市民系の活動が盛んな時期もありましたが、多くの場合、理想と現実を前に挫折してしまいました。失敗の原因は、突き詰めるところ既存の枠内の活動に過ぎなかったということでしょう。「枠」を取り払うための活動が、結局のところ、単に「枠」の中で踊っていただけ、ということになっています。
 
成功している活動もある、と反論を受けそうですが、考えて見て下さい。成功している活動の大半は、既存の枠内の活動と同じ地平で成功していることになってはいませんか?どこかで政治と繋がり、権力と繋がり、利権に繋がって成立する活動に貶められてはいませんか?(注:勿論、全てとは申しません・・・)
 

もう一度、我々の置かれた状況を貫く圧力をよく直視してみよう。
現在見られる全ての本源収束の道程がそうであるように、この基底的な『判断の土俵』やそれに基づく『演場空間』(とりわけその中核となる『認識形成の場』)は、潜在思念の奥から立ち上がって今まさに顕在化しようとする途上にある。全ては半顕在状態にあるとも云える。 
 
          %E7%9B%AE%E8%A6%9A%E3%82%81.jpg
 
他方、顕在世界は古い私権の現実で覆い尽くされ、しかもその私権の現実はとことん制度化され、体制化(≒専任分担化)されている。
 
今、必要なのは、この国家や市場を解体・再統合できる様な人々の結集であり、その為の『現実の場』の結実である。あるいは(「自由」「個人」を金科玉条とする旧観念派には、目を背けたくなるような言葉だろうが)『場の秩序化』=『体制化』であると云ってもよい。

 
『場の秩序化』=『体制化』ということを、今までの(近代社会の)国家や集団の枠内で考えていたのではダメだということです。いままでの体制(≒社会システム)に乗っかったままでは新しい道は開けないのです。重要なのは、『現実の場』の結実、その為の人々の結集。そこに気付くことだと思います。
 

しかし、顕在世界=私権世界の秩序の根幹を成すもの、即ち統合機関たる国家や、評価指標たるお金は、いきなり壊してしまう訳にはいかない。それらに代る新しい社会統合機構(統合サイト)や新しい評価指標(投稿資格)が出来るまでは、それらの機関や指標は残り続ける。
従って、潜在的な新しい可能性が顕在化して新しい現実と成るためには、古い殻を内側からこじ開け、私権の現実の中を突き抜けてゆく必要がある。だとすれば、新しい演場、とりわけその中核を成す『認識形成の場』自体が、私権の現実(国家や市場)の真只中に乗り込み、内部から私権世界を解体・再統合しながら、突き抜けてゆくしかない。
 
                   %E6%AE%BB%E3%82%92%E7%A0%B4%E3%82%8B%EF%BC%91.jpg

 
認識形成とは、今までの小難しい哲学や理論などを理解することではありません。
「なんで? どうして?」と考えること、わからなければ人に聞いて見ること、わかりそうな人に期待すること。それが「みんな」の『認識形成』そのものなのです。
  
『認識形成の場』は、次回以降に具体的にみていくことにしましょう。
 

List    投稿者 cosmos | 2011-07-07 | Posted in 07.新・世界秩序とは?5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2011/07/1647.html/trackback


コメント5件

 hermes svizzera | 2014.02.01 15:52

hermes depot 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本史から探る、脱市場の経済原理〜プロローグ〜

 new zealand hermes handbags | 2014.02.03 19:19

hermes taiwan website 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本史から探る、脱市場の経済原理〜プロローグ〜

 spain hermes handbags | 2014.02.06 19:29

hermes purse outlet 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本史から探る、脱市場の経済原理〜プロローグ〜
spain hermes handbags http://www.kurtz.se/so-kelly-bag-hermes-Spain-Hermes-8688.aspx?

 good fake birkin bag | 2014.02.07 10:24

hermes bag 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本史から探る、脱市場の経済原理〜プロローグ〜

 oragin | 2014.03.12 7:54

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本史から探る、脱市場の経済原理〜プロローグ〜

Comment



Comment


*