2009-05-23

G20な国々⑫ イタリア共和国

皆様いつも記事を読んでいただいてありがとうございます。
G20な国々シリーズ、今回は「長靴型、パスタ」で有名な
イタリア共和国を調べてみたいを思います。
       
       ピサの斜塔
続きはクリックしてからお願いします。

にほんブログ村 経済ブログへ


始めに基本データです。(ジェトロ参照)
国名: イタリア共和国(Republic of Italy)
面積: 30万1,336方キロメートル(日本の約5分の4)
人口: 5,875万人(2006年1月時点)
言語: イタリア語
宗教: キリスト教(ローマ・カトリック、ただし国教でない)
基礎的経済指標
実質GDP成長率: 1.5% [2007年]
名目GDP総額:
   1兆5,355億ユーロ [2007年]
   2兆1,016億ドル [2007年]    2000年基準、ユーロ
一人あたりのGDP(名目): 35,745ドル [2007年]
消費者物価上昇率: 1.8% [2007年]
鉱工業生産指数伸び率(前年比):
   -0.2% [2007年]    2000年基準
失業率: 7.8% [2007年]    ILO基準
経常収支(国際収支ベース):
    -373億6,600万ユーロ [2007年]
    -511億4,161万ドル [2007年]
貿易収支(国際収支ベース):
    29億4,100万ユーロ [2007年]
    40億2,525万ドル [2007年]    財のみ
外貨準備高: 283億8,500万ドル [2007年]
GDPも低成長、失業率も高め、貿易収支もマイナスと
あまり経済状態はよくないようです。

イタリアの農業状況(農林水産省、海外農業事情)
・小作農が多いところは日本の経営状態と同じような感じです。
南はかんきつ類、北は小麦などの穀物類と分かれています

第二次大戦後の日本との違い。
同盟国として戦争していた日本とイタリアは敗戦後の状況が違うようです。
教えてgooより

敗戦濃厚となったイタリアのムッソリーニが国王に逮捕監禁され、バドリオが首相になると、
戦争終結のためアメリカ、イギリスと極秘会談を開きます。
しかし、イタリアの裏切りを知ったドイツは、監禁のムッソリーニを助け、
イタリア北半分を支配して傀儡政権(イタリア社会共和国)を誕生させます。
バドリオは南半分に難を逃れ、ナチスドイツに宣戦布告します。
結局、米英に支持を受けた南のバドリオ政権がムッソリーニを捕らえて、この内戦は終結します。
以上のようなややこしい経緯があります。
しかし、イタリアは戦勝国として連合国の一員扱いはされておらず、
日本の降伏文書調印式にも出席していません

一方で、第2次世界大戦の敗戦国である「敵国条項」には含まれていません。
この意味では敗戦国ではありません。
敗戦国でないのだから戦勝国かと言うと、連合国の正規メンバーでないので
そうでもなさそうです。
また、ドイツなどから賠償金をもらう一方、自らも被害を与えた国に賠償金を払うなどしており、
さらに複雑な状況ですね。
イタリア自体は、いわばムッソリーニに罪を押し付けることにより、
敗戦国となるのを免れた
ということです。

・終戦直後に連合国側に着き、すべての責任をムッソリーニに押し付けた感じの
あいまいな終結だったようです。

詳しくは
イタリアの歴史 百科事典
観てください。
現在のイタリアの状況です。
イタリアは破綻前夜かも知れぬ…
・「危機意識がない」「政治はスキャンダルと内紛ばかり」「長期的視野がない」
という点で日本と似ている所が多いようです

イタリア経済とマフィア〜消費税より高い「みかじめ料」
・マフィア(裏社会)の売上をどうやって決めたのかは疑問がありますが、
みかじめ料と高利貸しなどで15兆というのはすごい社会です。

イタリアと言えば
自動車大手フィアットのクライスラー買収決定、GM傘下のオペル買収計画提出等
世界の新車販売ランキング10位→5位に躍進しようとして話題になっています。
フィアットはイタリアそのものといってもよい会社だ !!

フィアットは1899年に初代ジョヴァンニ・アニェリが創業した。
アメリカから自動車王ヘンリー・フォードの技術を導入し、
フランスのラザール一族からシトロエンの株49%を買収したほか、
アルファロメオとフェラーリを子会社に持つ。

傘下には事務機のオリヴェッティ社、イタリア最大の国有公社IRI、
大化学会社モンテジソン、穀物商人フェルッツィ、金融業のイタリア商業銀行と
クレディット・イタリアーノ、メディオバンカ、軍需産業のアエリタリアとスニア、
エアラインのアリタリア航空、スパゲッティのブイトーニがある。
フィアットのアニェリ家はイランのモサデグ政権とつるんで石油事業をさせただけでなく、
モサデク政権がCIAによって転覆されてからも
エジプト、モロッコ、リビア、チュニジアなどのアフリカ諸国と石油外交を展開、
安い石油とフィアットの組み合わせで大儲けした。
国家ぐるみの犯罪組織に、イタリア国民はなす術もなく茫然自失となった。

だが国際金融資本(ロスチャイルド)がこれを見逃すはずもなく、
1962年にエンリコ・マッティの乗った飛行機が墜落して乗員全員が死亡

アニェリ兄弟はビビりまくって国際金融資本とのつながりを加速し始めたということだ。
アニェリ兄弟の妻は両方ともナポリの貴族出身で
イタリアの出版界の大物カラッチオロ家から出ているが、
そのカラッチオロ家の娘が鉄道王ジェームズ・ロスチャイルド
(フランスのロスチャイルド家。この前死んだギイ・ロスチャイルドと同じ)
の直系のエリックと1983年に結婚したことで、
イタリアの経済界の方向性はもう決まったといってよい。

その後も色々な政治家や金貸しと関わりキッシンジャーの
元秘書ラポ・エルカーンも加わり巨大な財力を持つに至った、そんな企業なのです。

フィアットはロスチャ系イタリアを所有しているとまで言われている企業
日本人が知らない 恐るべき真実
から参照しました。
首相が離婚寸前などということまで起きています。
ベルルスコーニ首相「結婚生活は終わった、もしくは終わりつつある」
・それでも日本、アメリカより支持率が高いそうです。
日本との国民性の違いを感じます。

この記事を作成する時に調べた時に出てきたWebページです。
イタリアってどんな国?
にやさしくイタリアのことが書かれています。
イタリアのベルルスコーニ首相は今年の7月にイタリア・サルデーニャの
マッダレーナ島で開かれるG8の3日目にG20も開催する」とし、
「この折に、金融システムにおける過度の証券化防止や今回の危機を招いた
デリバティブ(金融派生商品)利用に対する新たな規制を整備する」と述べた。 
まとめ
しかし今まで見てきたようにイタリアという国は
企業、銀行、政治家を含めた国家ぐるみの犯罪組織にと言っても良いくらいで、
国民はなす術もなく茫然自失となっています。

金貸しの力が弱くなったとはいえイタリアにおいてはまだ力の差が
歴然としていて当分の間この構造は変わりようがありません。

従ってG20が開催されても何もなかった他人事のようにやり過ごされると思われます

List    投稿者 warasi | 2009-05-23 | Posted in 07.新・世界秩序とは?10 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2009/05/902.html/trackback


コメント10件

 sakashunn | 2009.11.05 22:43

>大臣どうしの意見が対立して、ドタバタ劇を演じているように見えるのはあたりまえで、ようやく日本の政治も、すこしだけ「ガチンコ」になってきたのかな、という気がするのである。http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=217654
「中央官僚と族議員が密室で編成していた、旧来の国家予算」からの抜粋です。
亀井大臣の話しもこの「ガチンコ」勝負に近い感じがします。誰にガチンコしているのでしょうか?
考えられるのは、民主党内の仲間への発信でしょうか。この発信を見てマスメディアは総理や各大臣間の意見が食い違うことから民主党はバラバラだと印象づけています。しかし言い換えれば、このような政治の有様は見たことがないのです。
それは、ガラス張り政治空間そのもので大臣の考え方や走り回る大臣の汗を感じたりしています。
この紆余曲折を見ることで知らず知らずに国民も郵政民営化を考え、そして共認が形成されていったように思います。しかし、これって、一番、民主主義な決定様式では?
とすれば、金貸しも日本の国民全員を敵には回せないでしょうね。

 norio | 2009.11.05 22:59

世界で計画されている原子力発電は6,536.7(万kW、グロス電気出力)です。なんとそのうち日本は1,655.2 (万kW、グロス電気出力)の世界の約1/4に相当する原子力発電を計画しています。これらが完成すると日本はフランスを追い越し、アメリカに次ぐ世界第2位の原子力発電供給量になります。
ダム建設の中止は民主党は取り上げていますが、原子力発電所建設見直しは取り上げていません。
 日本は、地球温暖化防止・排出権取引及び原子力を推進する欧州貴族に逆らえないのでしょうか。

 匿名 | 2009.11.06 16:06


>ダム建設の中止は民主党は取り上げていますが、原子力発電所建設見直しは取り上げていません。
ダムは無駄だが原発は必要だからではないのでしょうか?

 norio | 2009.11.07 21:52

世界各国の原子力発電の原子力発電電力量比率を調べてみました。
1.アジア:    2.ヨーロッパ     3.北米
    韓国 36%   スウェーデン51%   アメリカ 20%
    台湾 18%   フランス  79%   カナダ  15%
    中国  2%   スイス   42%
    日本 26%   ドイツ   27%
    ロシア15%   イギリス  20%   
             イタリア   0%
また世界の原子力発電所新設の計画は世界で38基あります。     日本:6基、韓国8基、中国:6基、インドネシア4基など実はアジアが多いのです。アメリカはこの30年間原子力発電所は作ってきませんでしたし、イギリス、カナダなどは新設計画はありません。      
特徴がみえてきました。私の憶測ですが、
1.アメリカとイギリスはそれほど多く原子力発電に依存していません。ユダヤ人(ロスチャイルドやロックフェラーなどのユダヤ金融資本)が住む国で、放射能などの危険性が高く、環境を優先しているのではないでしょうか。
2.ヨーロッパは総じて比率が高い。ロスチャイルドに原子力発電を推進させられたと噂されているフランスは抜きん出て高い。ロスチャイルドが石油利権を最大の基盤としているロックフェラーを蹴落とそうとしていたようである。核兵器開発をからめて原子力発電を行ってきたことも影響している。
3.アメリカ追随ではない国(ドイツ、イタリアはヨーロッパのなかでは低い、ほかにはロシアや中国)は原子力発電比率は低い。
4.アメリカ追随の国(韓国、日本)は原子力発電電力量比率が高い。ただし、核技術がほしいということだと思いますが、中国は今後増加するようです。
原子力開発=原子力発電所を作るとき、第1号機は技術をアメリカから買うのが一般的だそうです。ものすごく高い費用を支払っていることが想像できます。その技術はユダヤ系金融資本下にあるという話です。アメリカは世界で原子力開発してもらうと実は儲かるのです。ちなみに世界最大の原子力発電所メーカーはベクテルで、ベクテルはもちろんブッシュの企業です。環境を考えれば、何も自分の住む国で原子力発電所を作る必要はないのかもしれません。
ヨーロッパ系ユダヤ=ロスチャイルドも原子力開発に恩恵を被れるようです。石油利権で儲けるロックフェラーに対抗できるのです。
これからアメリカでも原子力発電所を作る計画が上がっています。ユダヤ金融資本は現在アメリカを本拠地としているようですが、本拠地を他国へ移すつもりかもしれません。またはロスチャイルドがロックフェラーよりも力が上まったということかもしれません。
原子力開発は、世界に普及させることで、ユダヤ系金融資本としては大きなビジネスとなっているのではないでしょうか。

 MM | 2009.11.10 11:35

るいネットより
「亀井金融相がついに「りそな銀行インサイダー疑惑」の闇に興味を示し始めた!!」
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=219155
いよいよ竹中氏も追い詰められてきたか・・・・

 アルデバランの 夢の星 | 2009.12.06 23:38

原口は 郵政疑惑 再調査

色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。

 アルデバランの 夢の星 | 2009.12.06 23:44

新郵政 真相解明 国益派/民営で(売国や) 株・不動産 狙いおり 今も論文 人事を非難/金貸しの 投資損失 税金で/米国債 じゃなく郵貯は 国益に

色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。

 Dr. Done | 2009.12.09 14:26

norioさま、匿名さま、MMさま
「宇宙船地球号パイロットのマニュフェスト」というタイトルで連載を始めたDr. Doneです。
核兵器、核拡散、核廃棄物の3Kを避けられないウラン−プルトニウム・サイクルの原発とは別に、これら3Kとは全く無縁のトリウム・サイクルの原子力発電について書いています。
アイゼンハワーが冷戦の役に立たないとして葬り去ったトリウム・サイクルの原発が、このところまさにルネッサンスのように復活し、活況を呈し始めています。
トリウム原発については、今アメリカは世界一の規模で金と人を投じて開発を進めています。明らかにウラン−プルトニウム・サイクルの原発に対する反原発の機運を煙幕として利用しつつ、トリウム時代に先鞭をつけようとしているのです。
トリウム原発の商業化について、日本人こそリーダーシップをとらなければならないという立場で、またポスト・ドルの基軸通貨を決めるのは、エネルギー産業であるとの立場から、「宇宙船地球号のパイロット」としてのミッションを果たしたいと考えています。
ぜひ、お立ち寄りください。
Dr. Done

 hermes handbags czech | 2014.02.02 1:20

wholesale hermes ties 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「民主政権下で郵政民営化どうなる?」(5)中間まとめ〜政権側の体制は固まってきた

 wholesale bags | 2014.02.09 18:53

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 「民主政権下で郵政民営化どうなる?」(5)中間まとめ〜政権側の体制は固まってきた

Comment



Comment


*