2007-03-15

アフリカは暗黒大陸?

アフリカと聞けば誰もが貧困や飢餓のイメージと直結させる。すでに消滅してしまったビアフラが、そのイメージを象徴しているかのように思える。サハラ砂漠以南アフリカ(Sub-Sahara Afria、サブ・サハラ・アフリカ)はブラックアフリカと呼ばれ、かつてヨーロッパ諸国から「暗黒の大陸」未開の地として扱われた。
1.アフリカ概要
(1)面積:3026万平方キロメートル(世界の22.2%)
(2)国数:53カ国(国連加盟国の27.7%)
(3)人口:9億500万人(世界の14.0%)(2005年)
(4)人口増加率:2.1%(2005年)
(5)日本の大使館数:24
2.アフリカにおける諸問題
(1)貧困・飢餓
 アフリカは、14か国が5%を超える経済成長を記録し、インフレ率も10年前の5分の1へと低下するなど、全体として良好な経済実績を示している一方で、以下の様に深刻な貧困問題を抱える大陸である。サブサハラ・アフリカはミレニアム目標(MDGs)達成に向けての進捗が最も遅れている地域。
(データ)
後発開発途上国(LDC):33カ国
1人あたり国内総生産(GDP):633ドル
1人あたり国内総生産(GDP)年間成長率:0.1%(1990年〜2003年)
1日1ドル未満で生活する人:全人口の46%
飢餓率が35%を超える国:18カ国
(2)紛争
 多くの国や地域において、長期にわたった内戦や紛争が終息傾向にあり、民主的選挙や憲法の国民投票の実施、国連平和維持活動(PKO)の任務完了等、開発の土台である平和と安定への第一歩が踏みだされ、和平・民主化プロセスが一層進展している。他方で、未だ紛争が継続している地域があるほか、多くのアフリカ諸国では、その平和は依然として脆弱。
(データ)
国連安保理:安保理決議の約6割がアフリカ情勢(2005年)
国連平和維持活動(PKO):予算、人員の約8割がアフリカ
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の援助対象者数:486万人(全体の25.3%)
(3)保健・医療・教育
(データ)
平均寿命:男性:47.9歳  女性:50.0歳
エイズ(HIV):感染率上位10ヶ国全てがサブサハラ・アフリカ
 15-49歳人口の7.3%が感染(2003年)
初等教育学齢期で学校に通っていない児童  4550万人
 (世界全体の43.0%(2000年))
15歳以上の識字率  61.3%(2003年)
3.アフリカとの経済関係
(1)アフリカからの輸入品
 アフリカは、先端産業に不可欠な希少金属(レアメタル)や石油等、天然資源の宝庫であり、我が国の産業・生活にとって重要な輸入相手である。また、コーヒー・カカオ・バニラ豆等の農産物やたこ・いか等の海産物をアフリカから大量に輸入している。
(データ)
アフリカからの輸入額:8278億円(総輸入額の1.4%)
(原油、自動車、白金、たこ、鉄鉱石、ココア)(2004年)
アフリカへの輸出額:9409億円(総輸出額の1.9%)
(自動車、トラック、タンカー、自動車部品、エンジン)(2004年)
(2)市場としてのアフリカ
 現在、アフリカの人口は約9億人(世界の14%)であるが、人口増加率は世界一で、2025年には世界の17%、2050年には20%を占めると推定されており、潜在的な巨大市場であると言える。
(3)アフリカへの投資
 2004年現在、在アフリカの日本企業は299件。2004年の直接投資は13件、124億円である。
以上は外務省のアフリカに関する紹介記事です。
アフリカ紹介—

クリックを!

にほんブログ村 経済ブログへ


著しい成長を遂げつつある東アジア諸国に比して、‘70年代以降一向に成長の兆しを見せないアフリカへの関心は日増しに高まりを見せている。
なぜ、アフリカだけが成長の軌道に乗り切れず取り残されるのか?
紛争の多発、政治体制、弱体政府、植民地支配、閉鎖的な貿易政策、交易条件の悪化、自然条件などなど、その要因は多岐にわたるものと考えられている。ここでは初期条件の一つである自然条件について紹介します。
■厳しい自然環境
熱帯性気候は風土病の温床となっている。そのために、アフリカ諸国は平均余命が短く、出産率が高い。平均余命が短かさは労働生産性を低下させる要因となり、加えて高い出産率は人口増加率を押し上げる要因となり、1人あたりGDPの低下の原因となっている。
また、乾燥・半乾燥気候帯に位置するために、降雨量の変動が著しく、しばしば干ばつとなり土壌はやせている。このような環境は著しく農業生産性の低下を来たしている。
■地理的要因
内陸国が多く輸出入のための輸送コストが高くなる。また、他国を経由して輸送する事に付随する隣国との政治関係、通関手続きなどが複雑にさせ、取引費用を上昇させる。
アフリカ諸国経済を低迷させている原因は、以上のような環境条件だけではなく、政治的な要因も複雑に関係しています。
福西隆弘氏の「アフリカ諸国における低成長の要因」—

を参考にさせていただきました。

List    投稿者 unkei | 2007-03-15 | Posted in 07.新・世界秩序とは?6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2007/03/141.html/trackback


コメント6件

 サイヒロ | 2007.04.02 20:36

こんばんゎ☆ 初めてコメントします。
私の地元は福島県です。『矢祭町』は合併しない町で、ちょい有名ですが、私の地元の『川〇町』も大赤字で、伊達市にも福島市にも未だに合併出来なくて『伊達郡川〇町(貧乏な町)』です。
やっぱり経済的にヤバイと合併は無理なのかな??

 わっと | 2007.04.03 0:27

サイヒロさん、コメントありがとうございます。
>やっぱり経済的にヤバイと合併は無理なのかな??
国が合併を進めるのは、赤字の自治体が大きな器に入れば、赤字を薄められるから。合併するなら、お金も使えるようにしてあげます…、という理屈です。
でも、これって、まさに水で薄めるだけで、本質的な答えにはなってないですよね。
当事者である住民もいっしょになって、赤字をどうするの?行政サービスをどうするの?自分たちのまちをどうするの?といったことをみんなで考えることが必要なはずです。
そのあたりを、次回は考えてみたいと思ってます。またコメントをお願いします。

 頓田 | 2007.04.04 20:04

矢祭町は名物町長が引退を宣言しましたが、後継の立候補者がいないようです。現町長が立派すぎて、誰も後席を担えない、と尻込みしているみたいです。
町民も町議会もこぞって慰留しているのですが、前回は泣く泣く継投を宣言した町長も今回の辞意は固いようです。
町の運営は優れた町長一人の手腕にかかっているのか、問われることでしょう。

 わっと | 2007.04.05 14:38

頓田さん、コメントありがとうございます。
矢祭町の町長は人望もあって、なかなか辞められないようですね。
>町の運営は優れた町長一人の手腕にかかっているのか、問われることでしょう。
たしかに、優れたリーダーが必要なんだと思いますが、それだけでは持続しないでしょうね。
私のみた記事では町長のDNAが職員たちの間にも浸透し始めているようですが…。
リーダー一人に頼る体制ではなくて、職員、町民が一体になった体制が求められているはずですよね。
町の今後に期待しているところです。

 kanconculting | 2007.04.22 10:33

良い記事と拝察します。ご指摘のように、「自治体は何のためにあるのか」をしっかりと認識して行動することが必要ですね。
パンフレットの画像をお借りしました。
http://gijutsu.exblog.jp/

 wholesale bags | 2014.02.10 16:42

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 地方財政がヤバイ…破綻しない自治体、矢祭町

Comment



Comment


*