2021-09-03

【世界情勢】 欧米世界の幕引きに向っている?

コロナ騒動は相変わらず、相当ワクチン打たせたいんだろうな。
アフリカの反ワクチン大統領が何人か殺されているし、金貸しの力も健在のようだ。
しかし、染脳マスコミは置いといて、世界情勢を眺めてみると別の動きが見えてくる。
最近の気になる出来事・情勢

・欧米でのワクチン強制化と反発の拡大
・インドはイベルメクチンで急回復?リンク
・米アフガン撤退
・昨年末からの欧米日による中国軍事包囲網
・中国の変節(富の再分配と毛時代へ先祖返り?)リンク
・株価の変調が始まっている(FRBの11月QE縮小示唆)
・地球温暖化詐欺→排出権市場の強化
・人類監視体制強化(デジタル通貨、ワクチンパスポート・・・)
・日本での菅降し
・そういえば、トランプ革命どうなった?
・結局、黒幕の奥の院何考えている?
・・・・・・・

まず、なんで欧米日側でワクチン(mRNA)が進められているのか?
人口削減が目的だとしたら、欧米日で人口が大きく減ることになる。コロナは、欧米支配を終らせることが目的なのか?

そして、アメリカ・イギリス軍がアフガンから撤退し、タリバンの後ろ盾として、中露が入り込んだ。これで中東全体からほぼ欧米の影響力が排除された。長年中東を火薬庫として石油支配してきたが、それが終わった。石油はこれから中ロの影響下に置かれていく。

ここで気になるのは、ドル。ドルを支えてきたのは石油取引と貿易黒字国の日本・中国の買い支え。その基盤がほぼ消失しつつあるということ。あとは日本だけ。
となると、日本の菅降しもその関連の可能性あり。政界の工作に入っている?

10月に日本の総選挙、11月にQE縮小開始、早ければ年末にかけて株・ドル暴落か?
中国の内政引き締めは、金融崩壊の激震への準備に入っているからとも思われる。


★現状大きく2つの流れがある。

・欧米覇権を潰す方向性(コロナ、軍事、金融崩壊)※温暖化詐欺も自滅策の一つ。
・人類監視体制強化(中国的監視体制?)or 暴動・革命への誘導。

奥の院は、近代市場を創り、西洋科学で環境破壊しまくってきた欧米世界の力を徹底的に弱めることが第一目標なのでは?(しかし、それは自らの力も殺ぐことになる)。

※トランプ革命はなんだった?・・・恐らくこれからの暴落やワクチン死など全てバイデンに押し付けて、その後再登場させるシナリオか(米覇権を崩壊させてからでないと、欧米主導の世界が生き残るため後回しに)、あるいは自分たちでやれという革命ビジョン提示。
誰も立ち上がらなければ、GPSとスマホorマイクロチップで家畜のように管理するだけ。増え過ぎたらワクチン。
しかし、中印の人口大国どうする?ロシアなど軍事大国どうする?
ドル暴落から世界的な食糧危機→暴動誘発か?経済崩壊から第2幕が始まる予感がする。

by たろう

List    投稿者 dairinin | 2021-09-03 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2021/09/8634.html/trackback


コメント1件

 XRumerTest | 2021.09.06 15:03

Hello. And Bye.

Comment



Comment