2015-09-15

経済破局は秒読み?④ 中国バブル崩壊による日本経済への影響?

<対中輸出入額の推移>

<対中輸出入額の推移>

中国バブル崩壊の日本経済への影響はどうなるのか?先ず、現象的に現れてきている影響を押さえます。

にほんブログ村 経済ブログへ

 

●ネット記事に見る日本経済への影響

>中国の最大の貿易相手国は日本である。
>「例えば商社では中国とのビジネスの比重が高い伊藤忠商事が深刻な打撃を受けると予想される。伊藤忠はタイの企業と組んで中国国有企業最大手の産業・金融コングロマリット『CITIC』への1兆2000億円の出資に乗り出したばかり。

>また、自動車ではトヨタ、日産、ホンダ、三菱が現地に生産拠点を持つが、とくに中国で100万台以上生産している日産が大きな影響を受ける。中国への投資額が大きな企業と、そうした大手に従って中国に進出した多くの下請けメーカーに被害がおよぶ危険性もある」

中国の株価が3分の1まで下がる事態となれば・・・「その時は東京市場やニューヨーク市場でも株価が半値近くまで落ちていく可能性がある」とは多くの市場関係者が想定している最悪のシナリオだ。まさに1929年10月24日のブラックサーズデーの株価暴落から始まった世界恐慌への道ではないか。
中国バブル崩壊で世界恐慌の恐れ 日本への具体的な影響とは>より引用

>中国市場の株バブル崩壊は、日本経済に大きな影響を与えそうだ。訪日外国人旅行者が14年に日本で消費した額は2兆278億円に上った。13年と比較して43%増。その大きな原動力となったのが中国人旅行者による「爆買い」である。
>だが、中国の株バブル崩壊により、この勢いが一気に失速することが懸念されている。インバウンド(訪日外国人旅行者)消費への期待を膨らませていた日本の小売業にとって、中国の株安は対岸の火事ではない。
中国株バブル崩壊で、中国人「爆買い」消滅の危機 日本経済に甚大な影響か>より引用

中国バブルの崩壊によって、この都心部マンションのバブルも終わるでしょう。現時点で売り出し中、建設中のマンションはもちろん、中古のマンションも中国バブルを織り込んだ値段の設定になっています。東京の場合はオリンピックもあるので、それに拍車がかかってます。
>言うまでもなくオリンピックは終わるものです。投資家はオリンピック前に売却することを考えてます。
中国バブル崩壊の序曲と日本の不動産価格への影響>より引用

 

●中国バブル崩壊は日本経済を直撃

日本の最大の貿易相手国は米国でしたが、2007年以降は中国が最大の貿易相手国となっています。輸出入総額ベースで約20%もの割合になっています。
リンク>参照

紹介記事のように、中国バブル崩壊は対外貿易で利益を上げるしかなくなった日本の大企業を直撃します。そればかりではなく、国内の消費や不動産バブルもチャイナマネーを当てにしていた部分が相当あり、中国バブル崩壊は国内のバブル市場を一気に縮小させる可能性もあります。

中国バブル崩壊の影響を最も受けやすくなっているのが日本経済であるという視点が重要だと思われます。次回は、金貸し分析の視点から、中国バブル崩壊の崩壊で日本経済がどうなって行くのかを予想してみます。

List    投稿者 yukitake | 2015-09-15 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2015/09/4501.html/trackback


Comment



Comment


*