2018-12-30

反グローバリズムの潮流(今年1年の振り返り:EUの崩壊は秒読み段階か)

EU崩壊今年1年の主要な動きを振りかえるために主要な動きを抜粋しました。
2018-04-12オーストリアで極右派が参加する連立政権樹立、EU離れが加速
2018-05-24イタリアで反EU政権樹立、ベーシックインカムも導入されるか?
2018-09-06スウェーデン・ショック、スウェーデンにも反EU政権が成立するか?
 2018-11-01ドイツのメルケル首相が党首選辞退表明、EU崩壊が始まる?
 2018-12-06フランス「黄色いベスト」暴動で、揺らぐマクロン政権
 2018-12-19イギリスのEU離脱、メイ首相は「合意なしブレグジット」に向けた準備を進めることを決定

にほんブログ村 経済ブログへ

今年は、反EUの流れが大きく加速した1年でした。以前から、EUの中での南北問題があり、EUの中でも負け組の国で反EUの民族派(極右勢力)が勢力を伸ばしていました。しかし今年1年で大きく変わったのは、EUのリーダである、ドイツのメルケル政権とフランスのマクロン政権が崩壊寸前まで追い詰められたことです。

ドイツでは重要な地方自治体の選挙でメルケル政権の与党が大幅に議席を減らす大敗を喫し、メルケル大統領は責任を取って任期が終わったら引退する事を表明しました。

フランスではマクロン大統領の金持ち優遇の政策に怒った大衆が大暴動を引き起こし、発端になったガソリン税引き上げを撤回しても暴動は治まらずマクロン大統領の辞任を要求しています。

イタリアも優等生とまでは行かないまでもEU離脱を決めたイギリスを除けばドイツ、フランスに次ぐ大国です。にもかかわらず反EU政権が成立しました。そしてEUの優等生であるスウェーデンでも反EU勢力が大幅に勢力を伸ばし、9月の総選挙後、いまだに政権協議が成立せず、政権が発足しない異常事態に陥っています。

従来のマスコミ報道では、反EUを掲げる勢力は人種差別主義者の危険な(おかしな)集団というレッテルを貼っていましたが、ここまで反対勢力が広がってくると、おかしいのはマスコミ報道の方であることが明らかになって来と言えるでしょう。

フランスでもマクロン政権に反対しているのは普通の庶民で、彼らが怒っているのは移民問題ではなく、貧富の差です。これまでマスコミは反EUの動きを引き起こしている中心的な問題は移民であり、移民に反対するのは人種差別だと主張してきました。

しかし、フランスの暴動で明らかになったように、反EUの動きを生み出している中心的な問題は移民ではなく、貧富の差なのです。

グローバリズム=自由競争経済であり、当然、強いものが勝ち、弱いものは負けます。それが国の間で発生したのがEU国内における南北問題です。そして、国の豊かさに差があれば安い労働力が移動をはじめます。そうなると勝っている国の中でも労働者層の賃金水準は下がり、逆に資本家経営者層は賃金が下がった分利益を増やすことが出きます。

グローバリズムは、誰もが豊かになる仕組みではなく、資本家経営者層が豊かになり労働者は貧しくなる仕組みなのです。

この当たり前の仕組みをごまかしてきたのが、移民問題=人権問題というマスコミの論理でしたが、すでにこのようなごまかしがきかないほどに、EUの勝組みであるフランスやドイツにまで貧富の差が広がってきたことを示しており、これは末期症状と言えます。EUの崩壊は秒読み段階に入ったのではないでしょうか。

以下に今年1年の記事をリンクします。

2018-01-19難航するドイツの連立協議、国民の意識との乖離が広がる?

2018-03-08イタリアの総選挙はEU懐疑派の勝利

2018-03-29カタルーニャ独立に暗雲、プチデモン前首相拘束。グローバリズム派は強硬路線に転換。

2018-04-12オーストリアで極右派が参加する連立政権樹立、EU離れが加速

2018-04-19 TPP11は11か国が合意し、国会で承認手続き中

2018-05-02追い詰められるフランスのマクロン大統領

2018-05-24イタリアで反EU政権樹立、ベーシックインカムも導入されるか?

2018-07-05カタルーニャは自治を回復、スペイン首相も交代したが親EU反独立派

2018-08-30カタルーニャ独立問題は膠着状態、EU推進派は対話路線に転換か

2018-09-06スウェーデン・ショック、スウェーデンにも反EU政権が成立するか?

2018-10-04イタリア新政権は来年ベーシックインカム導入!?

2018-10-18ドイツのメルケル政権は次の州選挙でも負けたら崩壊する?

2018-11-01ドイツのメルケル首相が党首選辞退表明、EU崩壊が始まる?

2018-11-14イギリスのEU離脱、英とEUが「離脱協定案」に事務レベル合意!!

2018-12-06フランス「黄色いベスト」暴動で、揺らぐマクロン政権

2018-12-14イタリアが来年度予算案を巡りEUと激闘、ベーシックインカムは実現するか!?

2018-12-19イギリスのEU離脱、メイ首相は「合意なしブレグジット」に向けた準備を進めることを決定

List    投稿者 dairinin | 2018-12-30 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2018/12/6021.html/trackback


Comment



Comment


*