2019-02-26

韓国がアメリカ脱皮を図ろうとしているが、日本はどうする?

日本のマスコミは、あまりにも韓国文政権を完全否定だ。
・韓国の文政権が暴走している。
・文政権は反日思想にかぶれて冷静な判断が出来来ていない。
・韓国経済は文政権で破たん状況だ。など

「文政権の不支持率は46%となり、就任以来初めて支持率45%を逆転」と云っているが、
逆に、半数は未だ支援しているのだ。

しかし、これらは発信している日本のマスコミはアメリカの手下!
だから文政権を完全否定しているのはアメリカで、日本はマスコミ操作で踊らされているだけとみるべき。

◎文政権は何を考えているのか?~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 想像するに下記の様に思える。

■アメリカのこれまでのアジア戦略
日本・韓国を支配下にして、世界市場経済を支配する為の子分にする。
その為に、南北休戦状況(緊張を常に煽る)を維持して、日韓米軍事同盟で支配する。
いざこざを定期的に起こし危機感をあおり、軍需整備を拡大(日本韓国に軍需費用を負担させる)して軍需産業でも儲ける。

■アメリカの世界経済支配力の衰退
日韓はこれまでアメリカの作った世界市場経済で自国の経済を支えてきた。
しかしこの間で中国経済の力が膨大となり、相対的にアメリカ市場経済は左巻き、さらに衰退が明確に成ってきた。
今後の世界経済は、中国・ロシア勢力に移行するのだろうと誰もが感じ出している。

■米国の武力支配力が低下
経済力が続かなくなったアメリカは、軍事力を維持する事が難しく成ってきた。
軍事力そのものは、既にロシアに負けているとう見解も多くある。
さらに実際の総力戦の戦争は、世論的にあり得ない時代になった。
だから兵士の派遣は難しく電子兵器合戦の時代になってきた。この分野でもロシアに負けている?
その中で核兵器を北朝鮮が所有して北朝鮮を脅かしての南北紛争のマッチポンプが出来なくなった。

■韓国の文政権は、これまでのアメリカの戦略から脱出を図っている。
朝鮮戦争の休戦を終戦として、南北統一してアメリカ支配から逃れる。
南北朝鮮が軍事費削減出来れば大変な経済メリット
そして、今後、経済的にもアメリカに代わっていく中国・ソ連勢力に付く。

文政権は、根っからの反日か、政権維持の為に反日かは良く分からない。

しかし、良い悪いは今後の判断が必要だが、明らかに戦略的に「アメリカ支配からの脱却」を図ろうとしている。だからアメリカは文政権を否定して、最近では(CIAが韓国軍部を動かして?)クデターもあるかもと脅かしている。

アジア戦略で日本と韓国を支配する事を軸に組み立ててきたアメリカ。
韓国が抜けようとしている現在、日本はどうするのか?

アメリカ、中国、ソ連、朝鮮とどう付き合うのか?
国会で国政を議論して欲しい。

by 猪飼野

List    投稿者 dairinin | 2019-02-26 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2019/02/6103.html/trackback


Comment



Comment


*