2015-07-14

日本の支配構造⑥ 裏天皇の系譜、「天皇財閥」をつくったのは誰か?

<「天皇財閥」吉田祐二著>

<「天皇財閥」吉田祐二著>

表天皇と裏天皇の関係を解明するために、次に裏天皇の系譜を追求します。手掛かりとして、<「天皇」という力の正体とは?シリーズ>で取り上げられた「天皇財閥」の構造を掘り下げて行きます。

にほんブログ村 経済ブログへ

 

●裏天皇は国際金融、満州問題に対処

京都皇統は後に国際金融にも対処することになりますが、これもウィーン体制の一部として成立したロスチャイルド金融王国、及び同じく王室連合の金庫国として建てられた永世中立国スイスとの関係で生じたもので、やはり「堀川政略」の一環と観るべきものです。
>世界王室連合の一員として国際事項に対処することとなった京都皇統は、地政学的海洋勢力の在英ワンワールドに与して、帝政ロシアに代表される地政学的大陸勢力に対峙します。

>具体的には京都皇統の堀川辰吉郎が、帝政ロシアの南下に対処するため、清朝皇室愛新覚羅家の実質当主の二代目醇親王、および革命党の頭領孫文、さらには満州(清国領東三省)の覇王張作霖の三者を等距離におきながら、秘かに満州国に対処しました。

国際金融の分野では、在来の世界的金融家J・Pモルガンと組んで、清国の鉄道金融に参加し、また英国では、金融皇帝ロスチャイルド男爵による金本位制の創設に協力しました。
>金本位制の計画と実施に当たっては、イングランド銀行が中心視されていますが、その裏には京都皇統を継いだ堀川辰吉郎の多大な支援があったのです。
<「明治維新の極秘計画」(落合莞爾著、成甲書房)>より引用

 

●天皇家の裏の商売

最近の投稿で、天皇家が悪行の限りを尽くし、莫大な財産を形成してきた闇の事実が次々と明らかになってきています。

>1885年、天皇一族と三菱財閥で日本初の船舶会社、日本郵船が創立されました。
賤業婦人つまり売春婦として日本人女性を海外に「輸出、 売却」し、兵器購入資金を作るというプランであり、天皇一族はこのプランに飛び付き実行しました。
>日本郵船の共同経営者三菱財閥もこの売春業で巨大化しました。

日本軍が朝鮮、中国に侵略し、朝鮮人、中国人を殺害し略奪した貴金属は、天皇の経営する日本郵船によって日本に運び込まれ、日銀の地下金庫にある天皇専用の「黄金の壷」という巨大な壷に蓄財されたといわれています。
天皇家の儲け方1><天皇家の儲け方2>より引用

天皇は、第世界大戦二次中、日本軍が使用する武器、燃料を、敵国の米国から密輸し、物資の欠乏する日本軍に高額で「売り付け」、利益をスイス銀行に隠し、蓄積していた。
>スイス銀行には、明治時代以降、天皇一族が日本人女性を誘拐し、売春婦として海外に「売却」した50万人の女性の「売却代金」も蓄積されている。
武器販売促進のため第二次世界大戦を起こした武器密輸商人=天皇>より引用

 

●「天皇財閥」とは何か?

天皇財閥とは、天皇家を財閥家族とし、宮内省を本社機構に持ち、その傘下には、日本銀行や横浜正金銀行、南満州鉄道株式会社(通称「満鉄」)、日本郵政といった、日本を代表する「国策企業」群を有する大企業グループである。<天皇家=宮内省>を中核とする天皇財閥は、これらの大企業たちを、株式を通じて支配した。
「天皇」という力の正体とは?(1)>より引用

 

●「天皇財閥」をつくったのは誰か?

落合莞爾氏の分析では、堀川辰吉郎等の裏天皇一派が、ロスチャイルドに与して、国際金融、満州問題に対処してきたとされています。帝政ロシアに代表される大陸勢力に対峙するために、満鉄の金融にも参加したということですが、ロシアが主導する神聖同盟を裏で支配しようと画策してきたのがロスチャイルドであり、ロシアの南下に対処して満州国の利権を確保しようとする裏天皇一派とは利害が一致したものと見られます。

前回記事で分析したとおり、昭和天皇は、第二次世界大戦中は大元帥という最高権力を持つ立場にありながら、満州から戦争に突き進んだ陸軍の暴走を制御する統合力は持っていませんでした。やはり、表天皇は陸軍(その黒幕の裏天皇)の傀儡、操り人形であったと見ておくべきでしょう。

言うまでもなく、表向きに天皇がいくら権力を持っていたとしても、天皇という個人or一家だけで数十万人もの売春事業や戦争ビジネスといった巨大ビジネスができるわけはありません。表天皇を操りつつ、裏で巨大なビジネスを展開してきた組織があるはずです。「天皇」という力の正体は、個人or一家という狭い枠ではなく、“「国策企業」群を有する大企業グループ”を動かすことのできる組織という大きなスケールで捉えないと説明できません。

引用記事の情報を総合して、仮説を立ててみると、ロスチャイルドと組み、陸軍を暴走させることによってボロ儲けしてきた「天皇財閥」の主体は、旧徳川勢力と堀川辰吉郎等の公家勢力が結託した裏天皇一派であると考えられます。

List    投稿者 yukitake | 2015-07-14 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2015/07/4297.html/trackback


Comment



Comment


*