2015-08-25

経済破局は秒読み?① プロローグ、中国バブル崩壊をどう見るか?

<中国株の下落で頭を抱える投資家>

<中国株の下落で頭を抱える投資家>

世界経済は激変期にあり、08年のリーマンショック以来、いつ経済破局が起こってもおかしくないという認識で追求を続けてきましたが、いよいよ経済破局は秒読みに入ってきている可能性があります。

金貸し分析的には、大きくは、ロスチャイルド優勢、ロックフェラー劣勢で、すでにロスチャイルドの勝利という形で決着はついているものと思われます。ドルを暴落させて、経済破局の引き金を引くかどうかは、ロスチャイルドの手の内にあると見ておくべきでしょう。

その観点から、最近の経済の動きで気になるのは中国バブルの崩壊です。中国バブルの崩壊をどう見るか?今後の世界経済に与える影響をどう読むか?については2通りの見方があり得るのではないかと考えています。

にほんブログ村 経済ブログへ

 

①いよいよロスチャイルドがドル暴落の引き金を引く可能性

アジア開発銀行の設立は中国主導と言われていますが、その実は、金融システムの根幹を握っているのは欧州(裏でロスチャイルドが画策)と見られます。もし、ロスチャイルドが、ドル機軸通貨に代わる人民元等を中心とする新機軸通貨体制を主導して行く準備が整ったと判断しているとすれば、ロスチャイルドの手によってドル暴落の引き金が引かれる可能性があります。

シナリオ的には、中国バブル崩壊→日本への波及→アベノミクス失速→景気減速のタイミングを見て日本国債暴落を仕掛け→連動してドル暴落というシナリオが考えられます。米国債を大量に保有している中国と日本が、もう米国債を買い支える余裕はない、ドルは売るしかないという状況に追い込まれれば、米国債暴落からドルは暴落し、ドル機軸通貨の恩恵を武器に世界中で略奪をしまくってきたロックフェラーの息の根を止めることができます。そして、世界経済は再びロスチャイルドが覇権を握って行くことになります。

 

②ロックフェラーの悪あがきの可能性

他方、中国バブル崩壊は、ロックフェラーの悪あがきであるという見方に立てば、当面は米ドルは延命する可能性もあります。

米国内では次期大統領選挙の動きが活発化していますが、今のところ、民主党が劣勢で、共和党が優勢ではないかと言われています。もし、そうだとすれば、共和党のバックにいるロックフェラー陣営が、必至に巻き返しを図っているものと見られます。

ロックフェラーの戦略は、BRICS等の後進国を軍事力、ドル機軸通貨の力で支配し続けることにあり、すきあらば、地域紛争を仕掛けて有事のドル高を演出し、実際に紛争を起こして、配下の戦争屋に儲けさせてきました。

そういう観点から見ると、中国バブル崩壊は、中国を弱体化させてドルを延命させようとする戦略だとも見れます。また、最近の天津の爆発事故等も、戦争屋を使って中国に揺さぶりをかけるための策動である可能性もあります。少なくとも、日本の安倍政権を使って、日中、日韓の対立を裏で煽っているのは、ロックフェラー→米国戦争屋の企みであると見ておく必要があるでしょう。

日本の安倍政権は、米国(ロックフェラー)の言いなりですから、日本の経済政策は、当面ロックフェラーの指令のもと、バブル政策を続けて、ドルを買い支え続ける可能性が高いと思われます。そうなると、バブルがいつまで持つかは先読みが必要ですが、しばらくは延命する可能性もあります。

 

果たして、どちらの見方が正しいのでしょうか?今後、このような視点を持って、世界経済→日本経済の先行きを予測して行きます。

List    投稿者 yukitake | 2015-08-25 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2015/08/4434.html/trackback


Comment



Comment


*