2014-05-25

金貸しによる洗脳教育史⑥~史上初、完全資力支配国家、アメリカの誕生

americadokuritu

 

①~プロローグ
②~皇帝と教皇の詭弁合戦から大学が生み出された
③~特権化された大学が壮大な騙しの社会を創っていった
④~数万人に1人の天才を発掘するエリート教育の起こり
⑤ ~16世紀の宗教改革の黒幕はベネツィアの金融勢力だった

ルターが教会不要論を唱え、カルヴァンが人々に蓄財意識を与えることによって、それまで教会に集まっていっていたお金が、大量に銀行に流れるように変わりました。この流れは、その後の銀行への集金システムの構築と繋がり、資本主義と市場拡大の基盤となっていったのです。

つまり、16世紀の宗教改革とは、ヨーロッパのお金の流れを変えた改革だったのです。

宗教改革によって、資本主義(つまり金貸しの財源)が確立しました。
金貸しにとっての最後の課題は、王と教会権力を打ち壊すこと。これが出来れば、いよいよ自分達が覇権を握ることが可能になります。

金貸しが取った戦略は一つ「資力が制覇力となる社会」を作ることでした。そしてその最初の実現体が「アメリカ建国」だったのです。
今回の記事では、アメリカ建国の背景を見ていきます。

にほんブログ村 経済ブログへ

■ 建国の実現基盤となった啓蒙思想
アメリカ建国は、1776年の独立宣言まで遡ります。
この独立宣言の思想的基盤となったのが、イギリスのジョン・ロック(1632~1704)が確立した「啓蒙思想」です。
カルヴァン派(プロテスタント)の一派であった父を持つジョン・ロックは、カルヴァンの思想を受け継ぎ、「啓蒙思想」を確立します。

そして、この啓蒙思想の普及によってアメリカ独立に多大な貢献をした人物が、ベンジャミン・フランクリン。
彼はアメリカの思想家トマス・ペインを支援し、1776年1月「コモン・センス」というパンフレットを発行させました。

コモン・センスは独立して共和国になることが常識であると説き、わずか数ヶ月で12万部を売り上げます。狙い通り独立の気運を一気に高めることに成功したのです。

200px-John_Locke

■ 民主主義を最初に実現したアメリカ
高まる独立の気運を背景に1776年7月4日、大陸会議はフィラデルフィアでトマス=ジェファーソンらが起草した『独立宣言』を発表します。

『独立宣言』は、まず基本的人権・人民主権・革命権などを主張し、次に当時のイギリス国王ジョージ3世(位1760~1820)の暴政を列挙し、最後に13州の独立を宣言したもので、後のフランス革命の『人権宣言』とともに近代民主政治の基本原理となりました。
独立宣言の基本的人権・人民主権・革命権などの主張には、イギリスの啓蒙思想家ジョンロックの思想的影響が強く表れていました。

つまりアメリカは、啓蒙思想(民主主義)を歴史上初めて実現した国家として誕生したのです。

 

■ アメリカ建国とフリーメイソン

ここまでアメリカ建国の背景を見てきましたが、関わった人物に大きな共通点がありました。それは「フリーメイソン」のメンバーであったということです。
ベンジャミン・フランクリンを始め、トマス・ペイン、ジョージ・ワシントン(初代大統領)、トマス・ジェファーソンなどなど、建国に関わった人物の大半がフリーメイソンに属していました。

独立戦争でアメリカがフランスの支援を取り付けることができたのも、フリーメイソンの人脈によるものです。
(自由の女神の足元の銘板には「この像はフランスのフリーメイソンのグランドマスターが、アメリカのフリーメイソンに贈ったものである」と記載されています。)

アメリカ独立から十数年後に起こったフランス革命も彼らフリーメイソンが大きく関わっています。ロックとともに啓蒙主義を代表するフランスの思想家ヴォルテールは、フランクリンが入会させたフリーメイソンであり、トマス・ペインは米独立後フランスに渡り、革命直後の政治体制の構築に関与しています。

statue06megami

■ 宗教改革を起点に実現した民主主義国家
宗教改革の中心人物「カルヴァン」、それを啓蒙思想に発展させた「ジョン・ロック」「ヴォルテール」、啓蒙思想を国家として実現するための実動部隊「ベンジャミン・フランクリン」「トマス・ペイン」など。
フリーメーソンの持つ基本理念「自由、平等、友愛」が、このような過程を経て民主主義国家「アメリカ合衆国」として実現します。

宗教改革が金貸しの仕掛けであったことは「16世紀の宗教改革の黒幕はベネツィアの金融勢力だった」で明らかにしましたが、金貸しとフリーメーソンとが渾然一体となって近代民主主義国家を作り上げました。金貸しはフリーメイソンの人脈を活用し、フリーメイソンは金貸しの資力を活用する形でお互いの利害が一致していたのです。

その結果、王、教会権力は崩壊し、「資力が制覇力」となる社会が実現しました。金貸しが最大権力を持つ社会の幕開けです。

 

List    投稿者 tasog | 2014-05-25 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2014/05/2586.html/trackback


Comment



Comment


*