2006-10-28

アメリカの国際収支の実態がわかった!!!

国際収支・貿易を調べていたら驚くべきことがわかった!
以下、「総務省・統計局 世界の統計 諸外国の主要指標」より
04年時点での主要国の経常収支状況(単位:100万米ドル)
(経常収支とは貿易収支・貿易外収支・移転収支のこと)
アメリカ -665940 イギリス -41880 フランス 4830 ドイツ 103430 ドイツ 103430 日本172060
と一目瞭然なのが、アメリカの収支の悪さ!
各国と比較してもダントツである。http://www.stat.go.jp/data/sekai/pdf/10.pdf
しかし、アメリカは実は他のところで穴埋めをしている。
それは、資本収支。
資本収支とは国際収支のうち、資本取引によるもの。
総額 612690(単位:100万米ドル)
経常収支でのマイナス分をスッポリ補う額だ。
つまり、アメリカは、貿易赤字を他国への資本取引において搾取しているのだ。
でも、こんなことが可能になったのも・・・。
>マネー経済が急拡大した背景には、国際間の垣根を取っ払い世界の金融市場をオープンにするグローバリゼーション化が大きく作用した。これはアメリカの支配戦略の結果に他ならない。そしてこの表と闇の使い分けは劇的な効果を生み、今や世界のほとんどがアメリカの市場戦略に組み込まれてしまった。
http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?t=200&o=10466&k=30#17664
もう完全にアメリカペースで世界経済が支配されてしまっている。
このままではマズイ!!! どうする???

List    投稿者 watasin | 2006-10-28 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2006/10/31.html/trackback


コメント3件

 isi-e | 2006.11.14 23:40

市場社会で自由に競争し、自分責任でお金を稼ぎ、自分の責任で勝ち負けに奔走して、定年を迎えたら、何故か国(年金)のお世話になる。
とことん私権獲得に奔走して、なおかつ将来の負の遺産を生みつづけながら、安穏と国から年金貰って暮らすって・・・。貰ったもの勝ちって思っている世代にはつごうのいい年金って制度だと分かりました。
制度自体は分かりにくいのが問題って言うけど、自己中世代が勝手に決めた制度だなあ〜って思うと理解できる、先に貰う世代のご都合主義年金って必要じゃないなぁ〜。活力を産む制度を作っていかないといけないですね〜

 shop hermes bags | 2014.02.01 11:56

hermes taschen website 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 世界各国の年金制度

 wholesale bags | 2014.02.10 11:50

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 世界各国の年金制度

Comment



Comment


*