2020-01-07

EU議長国が、「トルコはパートナーで関係を強化していく」と宣言! 世界の勢力図は再編成中だ。

トルコのエルドアン大統領はNATOの一員だったが、昨年に(≒欧米と縁を切り)ロシアの兵器を買い始めた。
実質上、ロシア軍団に仲間入りだと思っていたが、

なんと今度はEU議場国が、「トルコはEUの重要なパートナーだ」と発言!!

EUもアメリカと距離を置いて天然ガスを供給してもらっているロシアと一緒に、今後の世界を作っていきたいとの宣言にも聞こえる。

アメリカがイランの革命軍司令官を抹殺したこの時期に、この発言は関係があるのは、意味があるのか?

カルロスゴーンが支援して、日本から到着した国がトルコ!
ここでも裏でカルロスゴーンの逃亡を支援していたのか?
裏で何らかの勢力が工作している可能性もありそうだ。

どちらにしろ、これまでの世界各国の同盟や経済関係が、改めて組み替えられ始めている。

各国の首脳たちは生き残りをかけて、急展開する世界情勢を括目している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■EU議長国クロアチア 「トルコは重要なパートナー」

TRThttps://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2020/01/07/euyi-chang-guo-kuroatia-torukohazhong-yao-napatona-1335784より引用

欧州連合(EU)の輪番制議長国クロアチアのイリーナ・アンドラッシ駐ブリュッセル常任代表は、「重要なパートナー」と特徴づけているトルコとの関係をどのように強化するかということに焦点を当てたいと報告した。
5da58788bab5b

アンドラッシ常任代表は、国際報道協会(API)でクロアチアが6か月間輪番制議長国になったことに関して見解を述べた。

「トルコはさまざまな面でEUの重要なパートナーである」と強調したアンドラッシ常任代表は、

「移民に関する協力を発展させる意向がある。また、近くトルコと地域の地政学上の事柄も協議する必要がある」と述べた。

アンドラッシ常任代表は、「トルコ政府との関係は混乱しているが、協議をどのように活発化していくかということに焦点を当てたい」と述べた。

EUの拡張政策に言及したアンドラッシ常任代表は、アルバニアおよび北マケドニア共和国との加盟交渉開始を支持していると明かした。

アンドラッシ常任代表は、次のEU首脳会議でこの事柄を再度議題にすると述べ、拡張は最優先事項の1つになると語った。

アンドラッシ常任代表は、6か月間の輪番制議長国期におけるそのほかの優先事項をブレグジット(イギリスのEU離脱)、EUの2021-2027年度予算の特定、気候変動対策、単一市場の強化として挙げた。

(2020年1月6日)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
by 猪飼野

List    投稿者 dairinin | 2020-01-07 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2020/01/6742.html/trackback


Comment



Comment


*