2006-09-30

アメリカのエネルギー事情から世界力学を見る

 2002年時点で世界のエネルギー輸出量と輸入量は石油換算で見ると
    世界合計/3、684(百万トン)    3,777(百万トン) 
     サウジ/   368    アメリカ/   692    
     ロシア/   392    日本  /  411    
     ノルウェー/ 200    ドイツ /   235
     カナダ/   189    韓国  /  188    
     イラン/    146    イタリア/  176    
     ベネズエラ/ 149    フランス/  161
 ここで気付くのは、輸入量の多い国はアメリカを中心とする資本主義陣営にあり、輸出量が多い国はアメリカの支配にある(orあった)国、又は米国の一方的な支配に対立する関係にあるということ。    例えば、ベネズエラはアメリカの自由経済支配に反旗を翻した南米諸国の一つであり、ノルウェーはアメリカ主導のIWCによる捕鯨禁止に対抗しIWCを脱退している。また、ブラジルは石油に頼らず、バイオエタノールの国内生産に力を入れてアメリカの経済支配から自立しつつある。
 悪の枢軸とアメリカから目の敵にされるイランもこのエネルギーの余剰故(輸出している国)である。 このようにエネルギーの輸出入データ(=余剰データ)から国際的政治の力関係が透けて見えてきて面白い。
「いいかげん現実直視しようぜ!」と思う方はクリックお願いします。

List    投稿者 postgre | 2006-09-30 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨4 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2006/09/10.html/trackback


コメント4件

 現役雑誌記者による、ブログ日記! | 2006.12.29 12:08

週刊日程表 臨時増刊号

週刊日程表 臨時増刊号 2007年度の経済指標の発表予定 2007年1月-2007年12月.。

 右派社民党公式ブログ | 2007.04.02 13:49

あなたはアメリカを許せますか?

 hermes handbags finland | 2014.02.02 13:03

hermes hamburg 金貸しは、国家を相手に金を貸す | アメリカはもう限界だ!! 〜破産まで秒読み段階〜

 wholesale bags | 2014.02.10 0:36

金貸しは、国家を相手に金を貸す | アメリカはもう限界だ!! 〜破産まで秒読み段階〜

Comment



Comment


*